2020年03月19日

春の集い


3月18日(水)午前中、白須代表あてに、
ビル&メリンダ・ゲイツ財団 日本代表の柏倉様、
公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの堀江様、大沼様が来所され、栄養問題について意見を交換されました。

お写真を掲載できないのが残念ですが、お茶を楽しみながらも、1時間程で論理的な会議がなされたのは流石。Nom
                                                
posted by resultsjp at 17:53| Comment(2) | 栄養問題

ランチミーティングを開催しました。

昨日、日本リザルツでは事務所のメンバーが集まりランチミーティングを開催しました。

代表の白須の携帯電話にはミーティング中にも連絡が入ります。白須曰く「私は3つ4つの事を同時にできるけど、食べながらは得意ではない」との事です。



IMG_20200318_131128.jpg


IMG_20200318_130854.jpg

M

posted by resultsjp at 17:23| Comment(1) | 日記

スナノミ症に関する新聞投稿

3月18日の参議院外交防衛委員会での、秋野公造議員によるスナノミ症に関する質問について当ブログでご紹介させていただいたところですが、残念ながら今日の公明新聞では秋野議員による別の質問について報じられていました。
少しがっかりしていたところ、「波紋」の欄でスナノミ症についての投稿を見つけました。

IMG-2376.jpg

2月4日に掲載された記事についての感想が述べられており、スナノミ症対策への共感の声を上げてくださる方がここにもいらっしゃったと、嬉しい気持ちになりました。
2月4日の記事については、こちらをご参照ください。


「RESULTS」の「T」と「S」は「Trim-tabbing(トリムタビング)」と「Support(支援)」の頭文字です。
トリムタビングとは、船や飛行機の舵の先端部分に付いている小さな可動部分(トリムタブ)のように、小さいながらも舵取り(国の政策決定など)において欠かせない役割を果たし、船や飛行機(国や地域)全体の進む方向に影響を及ぼすことを意味します。
靴の寄付プロジェクトやスナノミ症患者さんの治療キャンペーンなどを契機として、幅広い層の方々のご理解やご支援が集まってきました。そう遠くない未来に、本当に世界を動かす力になるのではないかと期待がふくらみます。
今後は、皆様からのご支援を結集してトリムタブのように日本政府や世界保健機関(WHO)などに働きかけを行う活動に力を入れてまいります。
UME
posted by resultsjp at 10:53| Comment(2) | スナノミ症対策

ビル・ゲイツ氏が米MSを退任

3月15日の朝日新聞に、米マイクロソフトの創業者であるビル・ゲイツ氏が同社の取締役から退任されたとの記事が掲載されていました。今後は2000年に創設した「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」の活動により多くの時間を捧げるそうです。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団は世界の保健衛生、開発、教育、気候変動などの慈善活動を行っている世界最大の財団です。(か)

IMG_0415.jpg


posted by resultsjp at 10:47| Comment(2) | 情報

Gaviお願い

日本リザルツはGaviワクチンアライアンスのキャンペーン事務局として、日本政府による拠出の拡大をお願いしてきました。
特に今年は、2021年から2025年までの5年間に向けての資金を募るため、Gaviが増資会合を開催する重要な年です。
Gaviが目標として掲げる74億米ドルの資金調達達成に日本政府も貢献していただくべく、去る3月17日(火)、ワクチン予防議員連盟に所属されているなど関係の深い国会議員の方々に、Gaviの資料及び代表の白須直筆のお願い文をお届けしました。
配布後、写真を撮っていなかったことに気づきました。
資料の写真のみで失礼します。
UME

IMG-2375.jpg
posted by resultsjp at 09:43| Comment(2) | GAVIキャンペーン

秋野公造先生が雅子プロジェクトについて言及

2020年3月18日、参議院外交防衛委員会にて、秋野公造(公明・参議院議員)先生が「多剤耐性結核」について、さらには日本リザルツとともに進めている、スナノミ根絶プロジェクト「雅子プロジェクト」について質問されました。

Screenshot 2020-03-19 at 09.00.39.png

「多剤耐性結核(MDRーTB)」は抗結核薬であるイソニアジドとリファンピシンに対し、薬剤耐性を持った病態であり、世界で公衆衛生上の脅威です。高い技術力を持つ日本企業への期待が大きいです。

また「雅子プロジェクト」の「雅子」様とは、2019年の11月に日本リザルツへお越しいただいた岩内町の元町会議員、齊藤雅子様のことです。リザルツのスナノミ症対策に関する新聞記事の切抜きを沢山見せ、日本リザルツの活動に前からご関心があったとおっしゃってくださいました。力になりたいと熱心にお話ししてくださいました。
しかし、雅子様が今年の1月3日に交通事故に遭われ、亡くなったということを聞き、大きなショックを受けました。その思いを継ぎ、スナノミ症根絶へ向けた活動を一層推進するため、プロジェクトを立ち上げようということになりました。

このプロジェクトでは、ケニアがスナノミデーと定めている3月3日を「世界スナノミの日」と制定するよう国連に働きかけるなど、世界がスナノミ症に目を向け、対策を強化するよう活動を行います。

IMG_1671.jpg

我々も真剣に拝見させていただきました。

しらいし


posted by resultsjp at 09:28| Comment(2) | 情報