2020年04月12日

G20首脳、コロナ対策で世界的視野を ビル・ゲイツ氏(日経新聞)

米マイクロソフト創業者で慈善事業に取り組むビル・ゲイツ氏が、日本経済新聞に寄稿し、新型コロナウイルスとの闘いでは、各国首脳が世界的な視野にたちワクチン開発などに指導力を発揮すべきだと訴えています。


記事の中ではワクチン開発の重要性が述べられた上で、G20各国にCEPIやGaviなどへの拠出を求めています。20200413114820136_page-0001.jpg

より詳しく読みたい方はこちらのリンクを参照。

コロナまん延を終息させるためにも、是非、G20首脳のリーダーシップを期待したいですね。
(かめ)

posted by resultsjp at 19:13| Comment(2) | 情報

新型コロナウイルスの影響はスラム街にも

ケニアでも新型コロナウイルスの感染が拡大しています。
ケニア政府は夜間外出禁止令を発するとともに、自宅勤務を推奨。レストランはテイクアウトとデリバリーのサービスのみを提供しています。
スーパーや薬局などの一部の生活必需品を扱う店を除き、多くの店(衣料品店)やホテルが休業をしています。

店で働く従業員も一時休業、解雇されるなどの措置が取られており、景気と治安の悪化が心配されています。
こうした状況を受けて、スラム地区では住民への食糧配布が始まりました。
日本リザルツが活動を行うカンゲミ地区も対象になっています。

しかし、配布を巡ってこんな悲しいニュースが入ってきました。
ケニアで最も大きいスラムであるキベラ地区では、住民が食糧を巡って乱闘騒ぎとなり、警察が催涙弾を投げて鎮圧する事態となりました。
kibera.jpg
この騒動で2人の女性が亡くなったそうです。

そういえば、日本は東日本大震災の避難所で、支援物資の配布の際に、日本人がきれいに列を作って並んでいるのを見た外国メディアが感銘を受けていたことを思い出しました。
未曽有の事態な上、その日暮らしのスラム街の人々たち。少し心の余裕をもって生活できるためにはどうすればいいのか…改めて考えさせられました。
(かめ)




posted by resultsjp at 17:33| Comment(2) | 情報