2020年06月22日

記事の紹介:グローバルファンドの國井先生(6月22日付、東京新聞朝刊)

622日東京新聞朝刊にグローバルファンドの國井先生の記事が載っていました。


コロナ禍で三大感染症(エイズ、結核、マラリア)の治療薬や診断キット、マラリア予防用蚊帳などの供給が一時、途絶えたなどの問題が生じたことを指摘されていらっしゃいます。


國井先生は「このままだと三大感染症の死者は倍増する恐れもある。新型コロナ対策で人の移動を制限するのは仕方ないとしても、必要な物資の移動は止めず、持たざる国に回していくメカニズムは必要だ」と訴えていらっしゃいます。


日本リザルツは、来月713日月曜日に、東京でGGG+フォーラムを開催します。グローバルファンドからはピーター・サンズ事務局長がオンラインで参加して下さいます。


例年は500人規模の大きな会合となるのですが、今年は、新型コロナウイルスの影響もあり、参加者を100名程度に絞って実施します。ソーシャルディスタンスを確保するためです。今回の100名の参加者のうち、半数近くは学生さんとなる予定です。学生さんと国会議員・政府高官・企業等の対話の場を提供できればと考えています。



M


20200622.jpg
posted by resultsjp at 11:04| Comment(1) | GGG+フォーラム