2020年07月11日

TUMIQUIプロジェクトが日経第3回日経ソーシャルビジネスコンテスト優秀賞を受賞

 日本リザルツがコーディネートしている新プロジェクトのパートナーである、シュークルキューブジャポン様が、日経第3回日経ソーシャルビジネスコンテストで優秀賞に選ばれ、本日11日にオンラインの表彰式が行われました。


このコンテストは、社会的な課題を解決する優れたビジネスアイデアを表彰するもので、359件の応募があったといいます。本来は3月に表彰式を行うはずでしたが、新型コロナの影響で延期になり、オンラインの開催となりました。


 同社は西アフリカの未電化化村落に通信と電気を届けるオフグリッド事業を行っており、セネガルなどで携帯型太陽光発電と通信機器を組み合わせたキットを、現地の診療所で運用しています。社会的問題を解決するために日本の技術を活用、社会性の高さとビジネスとして可能性があることが評価されたといいます。


 佐藤弘一社長は「アフリカでは電気がなく暗闇の中で出産せざるえない所があります。セネガルの10か所の保健所に導入され、すでに600人の赤ちゃんが生まれました。我々の思いが凝縮されています」と受賞の喜びをビデオメッセージで語りました。


 これからリザルツのコーディネートでドローンなど電気と通信を組み合わせた新規プロジェクトが大きく動きそうです。そのはずみにもなります。佐藤社長、おめでとうございます!


佐藤弘一社長.png


  佐藤社長はじめリザルツプレゼンツで核になる企業様方と先日、外務省を訪れ、プロジェクトの説明に参りました。外務省の方々も真剣に聞いてくださり、日の丸を背負ったプロジェクトへの期待が高まりました。(杉)

外務省佐藤unnamed.jpg外務省佐藤みんな.jpg
外務省齊藤みんな.jpg外務省齊藤unname.jpg





posted by resultsjp at 13:49| Comment(2) | 情報