2020年08月07日

世界2400万人が教育中断も

 日経新聞のニューヨーク発で、世界2400万人の子どもたちが、新型コロナ感染拡大の長期化で教育が中断される可能性があるという記事が8月6日付で掲載されていました。
 7月13日に行ったGGG+の教育セッションで、現役大学生たちが、自分たちが遠隔授業となり、友だちとの絆をつくることができずに精神的に落ち込んだり、オンライン教育の限界についての切実な声があがりましたが、世界の低所得層や途上国におかれている子どもたちへの影響はさらに大きなものです。
 新型コロナ感染拡大前から教育予算が年間160兆円不足しており、コロナの影響でさらに、国際的な援助が必要だという、とても重い記事でした。(杉)

 日経世界2400万人教育中断も.png
続きを読む
posted by resultsjp at 13:26| Comment(2) | 教育

外務省へ教育についてアドボカシー活動

 教育についてアドボカシーを続けている日本リザルツは6日、外務省の地球規模課題総括課の前川秀信上席専門官、青木めぐみ課長補佐にご挨拶と、開発途上国がコロナ禍で受けている教育課題についてご説明と意見交換に参りました。

 前川氏は、これまで7月13日に行ったGGG+の教育セッションや、5月に催した「GPEオンライン勉強会 今、教育に求められることは」でご登壇いただいた、中川浩一地球規模課題分野別交渉官が急きょおやめになられたことからその後任も兼務されています。青木氏は、これまでお世話になっていた齊藤順子氏の後任でいらっしゃいます。

 お二方とも、熱心に私たちのお話を聞いてくださり、また、非常に実のなるアドバイスをくださりました。

 この時期、これまでお世話になった方の異動も多く、寂しい限りではありますが、また、新たなネットワークを築く機会にもなります。35度を超えるうだるような暑い日々が続いていますが、官僚の方々は補正や通常予算など新型コロナを受けた案件も多く、休みもなく働いてくださっており、感謝したいと思います。(杉)


外務省外観.jpg


posted by resultsjp at 12:12| Comment(2) | 教育

2020年08月06日

公明党合同会議-2

昨日のブログの件が本日の公明新聞に掲載されましたので紹介いたします。
議員の方達からはとても勉強になったと好評をいただいたそうです。
(か)
IMG_04871.jpg
続きを読む
posted by resultsjp at 16:43| Comment(2) | 情報

2020年08月05日

霊長類医科学研究センターの保富康宏氏が公明党の合同会議で講演

 公明党の新型コロナウイルスの感染症ワクチン・治療薬開発推進プロジェクトチーム、医療制度委員会、厚生労働部会の合同会議が4日午後、参議院会館で開かれ、国立研究開発法人・医薬基盤・健康・栄養研究所霊長類医科学研究センター長、保富康宏氏が講師になり、「モックアップワクチン その他のワクチン」をテーマに講義されました。

 今回の会議は、7月13日に行った「GGG+フォーラム東京・思いやりサミット2020」のランチセッションで、公明党の秋野公造議員がモデレーターになり、保富氏がパネリストだったことが契機になっています。日本リザルツ代表の白須紀子が、保富氏を秋野先生のところにお連れするべくアレンジしたところ、最先端のワクチン開発状況を公明党の部会として勉強したいということになり、この日の会議になりました。

 会議で、保富氏は、日本を含め少なくとも15種類の新型コロナウイルスのワクチンが走っていることに言及。同氏が研究開発に関わっているレプリコンを使った自己増殖RNAワクチンが、mRNAやアデノウイルスのワクチンなどと比べて安価で大量生産に向いており、日本の全人口に向けて短期間でワクチン生産できることなどを説明されました。公明党の先生方も「ワクチンの開発状況がよくわかった」と保富氏に感謝されていました。

 ワクチン開発のカギを握るのが保富氏です。同氏は日本リザルツの応援団でもいらしてくださいます。引き続き、ワクチンの最新情報を保富先生を通じてお届けできればと思っています。(杉)


保冨先生.JPG

ワクチン説明資料.JPG


posted by resultsjp at 14:44| Comment(2) | 情報

2020年08月04日

「ワクチン争奪戦で出遅れているのが途上国だ」〜日本経済新聞(2020年8月3日)

新型コロナウイルス対策について、日本経済新聞の記事です。途上国は自国でワクチンを製造できず、外国からの調達についてもコスト面の問題を解決できていません。記事は「世界に公平にワクチンを分配する知恵が求められている」と結ばれています。


さて、新型コロナウイルスワクチンを世界に公平に分配する仕組みとして、Gaviワクチンアライアンスが立ち上げたCOVAXファシリティ(英文ホームページ:https://www.gavi.org/covid19/covax-facility)があります。日本がこのような仕組みに対して拠出することで、日本と途上国がともに裨益することを私は祈っています。


M


1.jpg
posted by resultsjp at 12:56| Comment(2) | コロナ国際事情