2020年08月04日

「ワクチン争奪戦で出遅れているのが途上国だ」〜日本経済新聞(2020年8月3日)

新型コロナウイルス対策について、日本経済新聞の記事です。途上国は自国でワクチンを製造できず、外国からの調達についてもコスト面の問題を解決できていません。記事は「世界に公平にワクチンを分配する知恵が求められている」と結ばれています。


さて、新型コロナウイルスワクチンを世界に公平に分配する仕組みとして、Gaviワクチンアライアンスが立ち上げたCOVAXファシリティ(英文ホームページ:https://www.gavi.org/covid19/covax-facility)があります。日本がこのような仕組みに対して拠出することで、日本と途上国がともに裨益することを私は祈っています。


M


1.jpg
posted by resultsjp at 12:56| Comment(2) | コロナ国際事情

ワクチン6000万人分の供給を受けることで基本合意〜日本経済新聞(2020年8月1日)

日本政府は、新型コロナウイルスのワクチン6000万人分の供給を受けることで米国ファイザー社と基本合意しました。


さて、6000万人分のみでは全国民に届きません。この新聞記事には取り上げられていませんが、日本人用のワクチンを確保できる仕組みとして、Gaviワクチンアライアンスが立ち上げたCOVAXファシリティ(英文ホームページ:https://www.gavi.org/covid19/covax-facility)があります。COVAXは途上国と先進国がともに裨益する仕組みです。


M

2.jpg
posted by resultsjp at 12:50| Comment(2) | コロナ国際事情

COVAXファシリティー

8月3日(月)参院議員会館にて合同会議が開かれました。
「COVAXファシリティ―」について厚生労働省から説明があり、ビル&メリンダ・ゲイツ財団の柏倉美保子日本代表と公明党新型コロナウイルス感染症ワクチン・治療薬開発推進プロジェクトチーム(座長=高木美智代衆院議員)は意見交換をしました。 当団体代表もこの会議に招かれ参加しました。

「COVAXファシリティ―」は、当団体も応援する「Gaviワクチンアライアンス」などが主導。参加する高所得国と中所得国が、研究開発などに使われる資金を”前金”として払う事により、人口の20%分を上限にワクチンを自国で確保、低所得国にはGaviを通じて配布されるシステムだ。
今月8月末期限までに参加表明をされるのか?注目している。                     (Nom)

20200804093029002_page-0001.jpg
posted by resultsjp at 09:48| Comment(2) | コロナ国際事情