2020年08月12日

ココア 利用メリット

厚生労働省が、6月19日から運用を開始している接触確認アプリ、COCOA。
しかし、アプリ導入率は、とても低いそうです。意外にも若者の導入率が低いということです。


しかし、IT関係者の間では、今後、一気に増えるだろうと予想されているようです。
それは、皆さんのスマホが「OSアップデート」要と表示された機会です。
OSアップデート時、同意すると自動的にCOCOAが稼働し、陽性者と接触すれば通知されてくるとのことです。


利用メリットを利用者本人が実感できる、それが普及につながる仕組みかと思います。
山梨県が表明したアプリの接触通知を受けた人がPCR検査を確実に受けられるという仕組みはとても有効だと思います。

現在の感染者増加の裏には、このPCR検査を確実に受けた人が増えたという一因によるものなのだろうか。
                                              (Nom)
Cocoa日本經濟0812.jpg

posted by resultsjp at 15:44| Comment(2) | 情報

所内勉強会の開催 ストップ結核パートナーシップ竹中伸一先生「結核終息のための世界計画2018-2022」〜日本の声を反映させる

日本リザルツは、ストップ結核パートナーシップ(以下、ストップTB)が発行したThe Global Plan to End TB 2018-2022の日本語訳を作成しました。冊子「結核終息のための世界計画2018-2022」は刷り上がり、現在、私たちはその発送準備を進めています。


さて、この冊子に関連し、私たちは2020811日に所内勉強会を開催しました。講師は、お盆でジュネーブから一時帰国された竹中伸一先生(ストップTBテクニカルアドバイザー)です。


私は、このような発行物や計画に日本の意見や経験をどのように反映させていくのかという部分に興味を持ちました。


まず、ストップTBのような組織に日本人を派遣する意義を強く感じました。竹中先生によれば「作る側の思いは入ってくる」そうです。この冊子には日本やインドの事例が登場します。これは、本冊子作成の事務局を務められたのが日本やインドの方であり、勝手に書いている訳ではないのですが「最初の取捨選択のところで、自分たちが詳しいところが反映されやすい」そうです。


また、プロセスやチャンネルを把握することが大切なのだと私は感じました。この冊子を作成するためのパブリックコメントには180程度の声が集まり、ストップTBはひとつひとつのコメントに対応しその履歴を残したそうです。特に欧米の企業は「個別に相談させてください」と、自分たちが盛り込みたい内容を書いてくるそうです。しかし、日本企業からのパブリックコメントは一切なかったとのことです。


 最後に、大変興味深いお話をお聞かせいただいた竹中先生に感謝申し上げます。



M


IMG_7003.JPG

IMG_6997.JPG

IMG_7008.JPG

IMG_7012.JPG

posted by resultsjp at 12:19| Comment(2) | 結核