2020年08月27日

お祭り?

遂に、東京大学も国際的な大学と並んだぞ、と感じたニュースです。
大学債。
大学の研究費、建物修繕など、国からの交付金・補助金(税金)だけに頼らない姿、素晴らしいなと思います。

大学債を購入するか否かの投資家目線が入る事により、大学の授業、研究も厳しい評価がなされ、
より素晴らしいシステムになる事が予測されます。                      (Nom)

0827大学債.JPG0827大学債_2.JPG0827大学債_3.JPG
posted by resultsjp at 17:01| Comment(2) | 教育

COVAXファシリティこそ、地球規模の解決策!

 8月26日の朝日新聞において、日本リザルツが推進している「COVAXファシリティ」について、Gaviワクチンアライアンスの事務局長であるセス・バークレー氏のインタビュー記事が掲載されました。バークレー氏は、「地球規模の解決策が必要だ。周辺国にもワクチンが行き渡ることが、結局は自国の利益にもなる」と述べられました。
 国際社会においてワクチン争奪戦やワクチン・ナショナリズムが危惧される中、COVAXは多国家間の協調とワクチンの公平な分配に大いに貢献すると考えられます。
 誰もが安心して暮らせる生活が待ち遠しいですね。

(園田)

IMG_0496 (1).jpg

posted by resultsjp at 16:47| Comment(2) | 情報

三久ビルの入り口に手すりが付きます!

日本リザルツが入居している三久ビルは建築後50年ほど経っている古いビルですが、最近内装をキレイにされています。
残念ながら、古いビルなので、バリアフリーではありません。

先日、オーナーの松野様にお会いした時に、入り口に手すりをつけて頂けないかとお願いしました。
理由は、日本リザルツの応援団のSさんから入り口に手すりが欲しいと聞いたからです。
Sさんは脳性麻痺で足に障がいがあり、入り口のたった3段の階段がSさんにとって大きな壁となっているのです。

IMG_0498.jpg

入り口の階段に手すりを付けて頂けるとオーナーの松野様からお聞きしたので、Sさんに伝えたところ、下記のようなメールをいただきましたので、紹介いたします。

嬉しいご連絡ありがとうございます。
涙がじわっとにじんでしまいました。
私おかしいですよね。
これで、私にとっての脅威が一つ減ります。
心が解放されていく感じがします。

こうやってひとつひとつ、少しずつでも環境が整備されていけば
私が特別な人でなくなる、普通の人になっていって、社会に抵抗な
受け入れていただける私になっていくのだと思います。

いつも、私の人生にご尽力いただいて心から感謝します。
ありがとうございます。
三久ビルには、小泉さんが私を用いていただけるならば
もうしばらく通わせていただけると思います。

お会いしたことはありませんが、ビルのオーナーの松野先生にも
私の感謝の気持ちをお伝えいただけますでしょうか。
私が涙が出るほど喜んでいたと。

心打たれるメールです。
(か)




posted by resultsjp at 13:14| Comment(2) | 情報

夏休みなしの三原議員事務所に訪問

日本・アフリカ連合 (AU) 友好議員連盟会長代行でもある、三原朝彦議員事務所に26日、日本リザルツの面々が訪れました。

三原議員は、日本リザルツの応援団でもあり、現職の議員の先生のなかで誰よりもアフリカの現場を訪問され、熟知されている方でいらっしゃいます。7月13日に行われたGGG+の教育のセッションでご挨拶してくださり、教育のためのグローバルパートナーシップ(GPE)の勉強会でも、一家言を披露してくださいました。

話題は、日本リザルツがアドボカシーをしている教育、栄養、食料、農業、民間を巻き込んだパートーナーシップと多岐にわたりました。

 三原議員が気にかけていたのは、ケニア中央医学研究所(KEMRI)にある長崎大のケニア拠点や、ガーナの野口医学研究所です。

 アフリカでも新型コロナの感染が広がっています。熱帯感染症のリスクが高く、アフターコロナ後の来るパンデミックに備えるため、感染症の研究拠点がアフリカでも必要です。三原議員の働きかけが大きく実を結ぶかもしれません。(杉)

posted by resultsjp at 10:33| Comment(2) | 情報