2020年10月20日

困難な状況でも 

本日、公明新聞3面に、GPEのCEOアリス・オルブライト氏のコメントが掲載されております。
危機に強い教育のため、日本政府との強い連携を求められてます。
                                     (Nom)

20201020092204750_page-0001.jpg
posted by resultsjp at 09:25| Comment(1) | 情報

2020年10月19日

聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥


産経新聞 「朝の詩」に教育に関して考えさせられる文書が載っていました。

「聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥」ということわざがありますが、知らない事を知らない、と述べる事は、恥ずかしい事ではないのだと実感しました。
「なぜ、どうして、知りたい」という能動的な意識と行為から人は成長するのだと、あたらめて感じました。
                              (Nom)
                 
産経新聞_page-0001.jpg
posted by resultsjp at 19:04| Comment(2) | 情報

10月は「世界食料デー」月間!

 先日10月16日は、国連が定めた「世界食料デー」でした。世界食料デーがあるということで、10月は「世界食料デー」月間になっており、世界の飢餓問題や、食糧問題について考える月になっています。
 つい先週、世界食糧計画(WFP)がノーベル平和賞を授賞しました。まさに今月は食について考えるには絶好のタイミングではないでしょうか。
 WFPによると、2018年現在、世界の9人に1人が飢餓に直面しています。低所得国へは食糧の公平な分配が行われず、飢餓で命を落とす人々がまだまだ多く存在する一方、中、高所得国ではフードロスの問題や栄養課題といった課題が山積しています。

ではなぜ飢餓の問題や、フードロスの問題は起こるのでしょうか?
食事をする際などに少し考えてみたら、普段食べている食事がいかにありがたみがあるものか実感できるかもしれないですね。

 また、来週10月24日は国際連合の発足を記念した「国連デ―」です。発足してから今日まで、国連は世界中の人々にとってのかけがえのない存在であり続けてきました。

こうした記念日は、世界の諸問題について考えるよいきっかけになりますね。

園田
posted by resultsjp at 11:49| Comment(2) | 情報

公明新聞 一面掲載 GaviセスバークレーCEO

セスバークレー 公明新聞一面-page-001.jpg

 再掲になりますが、10月17日、公明新聞の一面に、Gaviワクチンアライアンスのセス・バークレーCEOの寄稿が大きく掲載されました。長い間、日本リザルツはGaviを応援しており、バークレー氏の寄稿がこうして大きく一面に掲載されることは大変喜ばしいことです。
 また、COVAXは多国間主義を象徴する取り組みであり、こうした国家などを越えるスキームがさらに増えることを期待しています。

園田
posted by resultsjp at 10:45| Comment(2) | 情報

継続は力なり

産経新聞 エッセー.JPG
 本日の産経新聞の”朝晴れエッセー”に、小学校5年生の素敵な文書が紹介されていました。彼は毎日”朝晴れエッセー”と”産経抄”を音読し、読めない漢字をノートに書くことと、内容を要約してお父さんに伝えることを継続して行っていました。それを続けたことにより、読めない漢字が大幅に減ってきたり、国語テストの成績が上がったりするなど、見える形として成果が出たということです。まさに、”継続は力なり”を象徴するエピソードですよね。
 私が小学校のバスケットボールのクラブを卒団するときに、コーチからいただいた言葉も、”継続は力なり”でした。継続することは簡単なことではありませんが、このエッセーを読んで、1つのことを継続して行うことの大切さを改めて思い出しました。

園田
posted by resultsjp at 09:52| Comment(2) | 情報