2020年10月18日

10月15日は世界手洗いの日

1015日は「世界手洗いの日」でした。


手洗いは誰にでもできる簡単、且つ最も効果的な衛生対策です。新型コロナウイルスのまん延により、手洗いの重要性がますます高まっています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4102605.html


日本リザルツが活動を実施しているナイロビ市のスラム街でも、コロナ発生を受けて、NGOや国際機関が簡易手洗い場を設けるようになりましたが、肝心の水がありません。


水1.jpg


上水道はスラムには普及していない上、民間業者が売っている水は高くて、こうした地域の住民には買えません。

NY times water.jpg

人々は、雨水や川の水を生活用水として利用していますが、水は真っ茶。川はどぶのようで、ごみや下水も流れているため、異臭もします。急遽、ナイロビカウンティは低所得者層が住む地域に井戸を掘っていますが、十分でない上、こちらも浄水作業がされていないので安全とはいえません。


UNICEFによりますと、世界全体の人口の40%=およそ30億人は石けんと水で手を洗う設備が自宅にないということです。また、43%の学校にも、そのような設備がなく、8億1800万人の学齢期の子どもたちが学校で手を洗うことができないと指摘しています。


UNICEFのプレスリリース(日本語)はこちら

https://www.unicef.or.jp/news/2020/0217.html


日本リザルツは予てより、ナイロビ市の小学校で子どもたちへの手洗い指導を実施しています。

水2.jpeg

http://resultsjp.sblo.jp/article/186705670.html

全ての人が安全な水にアクセスできるよう、日本リザルツも更なる取り組みを進めていきたいと思います。

(ぽにょ)


posted by resultsjp at 00:25| Comment(2) | 情報