2020年10月29日

読書感想

本日午後4時から日本栄養士会会長である中村丁次先生の著書「臨床栄養学者 中村丁次が紐解くジャパン・ニュートリション 日本の栄養の過去・現在、さらに未来にむけて」の読書感想を職員とインターンのお二人から発表してもらいました。

感想として以下の点が述べられました。
1. 日清・日露戦争において戦死者の数より脚気で亡くなった人が多く、戦死者の4倍であったことに驚いた。栄養に対する知識の有無によって簡単に命を落としてしまうことを象徴していると思った。
2. 人間は栄養をエネルギーに変えて生命を維持していることを改めて認識した。
3. 私たちが取り入れる物質は栄養素(Nutrient)のことであり、栄養(Nutrition)とは栄養素を取り入れ、生命を維持し、健全な生活活動を営むことであることが分かった。つまり、この食品は栄養がある、という使い方はまちがいである、ということに驚いた。

上記発表後、栗脇氏からいろいろと追加情報をレクチャーしていただきました。

IMG_7336.JPG

私が良く分かったことは、栄養素イコール栄養ではないということでした。新しい発見でした。
(か)

posted by resultsjp at 19:01| Comment(2) | 情報

順天堂大学 長坂さんの特別講義

長坂さん講義.png
 本日、日本リザルツの長坂さんが、特別講師として順天堂大学国際教養学部で講義を行いました。特別講義は、ケニアと順天堂大学をzoomで繋いで行われました。途中、zoomの受講者が多いことや、スライドが重かったこともあり、通信が切れてしまうハプニングも起きましたが、かえってケニアと日本を繋いでいるという臨場感が伝わってきました。インフラが整っていないケニアの街の様子や、スナノミ根絶の活動、医療課題などについて説明され、現地で活動されているからこそ強いメッセージが伝わってきました。長坂さん、大変なところ本当にお疲れ様でした。

園田
posted by resultsjp at 18:54| Comment(2) | 情報