2021年02月03日

開催間近:栄養の“目覚めシリーズ”第1回(2月8日)

日本リザルツでは、12月に開催予定である東京栄養サミットに向けた準備を進めております。
その一環として関係有識者の皆様で忌憚のない意見交換を行う早朝の集い、栄養の“目覚めシリーズ”を開催する予定です。"目覚めシリーズ"は、通算5回開催の予定で、第1回を2月8日に実施します。テーマは「日本と世界の栄養最前線に関する論点」で、武見敬三先生にモデレーターをお願いし、山本尚子様(世界保健機関事務局長補)に基調講演をいただきます。武見先生は国際母子栄養改善議連やWHOのUHCアンバサダーとして、山本先生は世界の栄養のトップとしてご活躍されており、今から待ち遠しいです。(文責:アザラシ)
posted by resultsjp at 14:22| Comment(2) | 情報

節分 豆まき

今年の節分はいつもの2月3日ではなく、昨日の2日でした。
皆様は豆まきをしたり、恵方巻きを召し上がったりなさいましたか?
日本リザルツでも「鬼は外、福は内」と所内にいた5人で豆まきをしました。

IMG_7485.JPG

IMG_7482.JPG

節分が2月2日になったのはなんと124年ぶりです。
また、節分の日が変わったのは37年前の1984年で、その時は2月4日でした。
なぜ日にちが変わるのか、調べてみました。

節分は本来「立春、立夏、立秋、立冬の前日」を指し、季節を分ける節の日として設定されていましたが、このうち立春の前日の節分だけが現代に残った為といわれています。すなわち、立春の日が変われば節分の日もつられて変わることになります。
理由は1年は365日となっていますが、実は365日と6時間弱で、そのため、毎年少しずつ地球の位置がずれていき、立春も2月4日になったり3日になったりします。その差を解消する為に4年に一度うるう年があります。
節分の日は、来年から2024年までは2月3日ですが、2025年は2月2日になるそうです。
豆知識でした。(か)
posted by resultsjp at 12:52| Comment(2) | 情報