2021年02月07日

オコンジョ氏がWTO(世界貿易機関)のトップに!

長い間、トップ不在の状態だった、WTO(世界貿易機関)の新しいトップ=事務局長の選考に新たな動きがありました。
バイデン新政権の発足に伴い、アメリカがオコンジョ氏の支持を表明したため、オコンジョ氏がWTOの事務局長に選ばれる見通しとなりました。女性、且つアフリカ出身の方がWTOのトップになるのは初めてだということです。

詳細はこちらの報道を参照:
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210206/k10012852791000.html
https://www.asahi.com/articles/ASP264V29P26UHBI00Y.html

オコンジョ氏はナイジェリアの経済学者で政治家です。世界銀行でエコノミストとして長きに渡り活躍された後、祖国で財務大臣や外務大臣を歴任されました。そして、日本リザルツとも親交の深いGaviワクチンアライアンスの理事長に就任され、現在はWHOの新型コロナウイルス対策チームの特別大使も務めていらっしゃいます。

日本リザルツもGaviワクチンアライアンスの理事長のオコンジョ氏とは、様々な連携を行って参りました。
2016年の第一回GGG+フォーラムでは、メインパネリストとして参加いただきました。
http://resultsjp.sblo.jp/article/173672435.html
直近では2019年のTICAD7に合わせて開かれたGGG+フォーラムでもご挨拶をいただきました。
http://resultsjp.sblo.jp/article/186506356.html

報道によると、近く開かれる会合で加盟国が同意し、オコンジョ氏がWTOの新しいトップに選ばれるということです。
WTO内ではインドや南アフリカが中心となり、新型コロナウイルスに関連する治療薬やワクチン、検査法などの医療ツールを普及させるうえで壁となる知的財産権を一時的に停止することを求めており、現在も白熱した議論が続いております。

報道等はこちらを参照:
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-wto-idJPKBN28L0D1
https://www.msf.or.jp/news/detail/headline/ac20201210mt.html

全ての人がコロナ対応にアクセスできる世界を目指して、WTOでのオコンジョ氏の更なるご活躍を期待しております。

(ぽにょ)
posted by resultsjp at 00:40| Comment(2) | 情報