2021年07月09日

【速報】G20への金融取引税要請レター活動、英仏メディアで報道

本日からベネチアでG20財務相・中央銀行総裁会合が開催されますが、これに向け金融取引税(FTT;国際連帯税の一種でもある)を要求する世界のNGOが「途上国支援のための金融取引税実施を要求する国際エコノミスト・専門家署名」活動を行い、G20当局に提出しました。

このことについて、7月8日付英ガーディアン紙が「Covid(コロナ)の回復に貢献する金融取引に課税を、G20に報告」と題し報道しました。米国の開発経済の第一人者のジェフリー・サックス氏や、タックスヘイブンの専門家であるフランスのガブリエル・ズックマン氏など、124名のエコノミストが署名しています。

日本からも諸富徹京大教授や上村雄彦横浜市大教授など10人のエコノミスト・専門家が署名しています。

◎報道全文はこちらから(要旨は下記参照)
Tax financial transactions to help Covid recovery, G20 told

Fiscalite : ≪ Une taxe sur les transactions financieres pour generer des investissements publics d’urgence ≫(有料)


なお、取組み期間がたいへん短かったので、締め切り後に署名された方が結構おられたようです(日本でも)。今後10月末開催のG20首脳会合に向けて様々な取組みを行っていくと思いますので、引き続きご協力をお願いします。

【ガーディアンの報道・要旨】
…前略…
発展途上国は、先月コーンウォールで開催されたG7サミットの結果に失望しており、今回のG20では、ワクチンプログラム、医療能力への投資、ゼロカーボン経済への移行に対する追加的な財政支援を求める機会になると考えています。

エコノミストたちの手紙によると、株式、債券、デリバティブ、外国為替は「かなり過少課税」になっており、今こそ富裕層が困窮している人々のために、より大きな貢献をするべき時だとしています。

「このような形でFTTを導入することは、法人税の最低税率を導入するという最近の合意を補完し、さらに発展させるものです。パンデミックにもかかわらず、金融セクターは好調に推移し、さらには繁栄を続けており、このような追加的な税負担を行う余裕があります」と述べています。
…後略…

(報告:田中徹二・グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事)
posted by resultsjp at 19:59| Comment(1) | 国際連帯税の推進

コロナ探知犬

昨日の朝日新聞に気になる記事がありましたので紹介します。
フランスのマルセイユ空港でコロナ探知件犬15頭が活躍しているそうです。

ウイルスには特有のにおいがあり、そのにおいを探知犬が嗅ぎ分けて感染者を発見するそうです。

IMG_0862.jpg

犬の嗅覚は人の1億倍ともいわれ。警察犬、麻薬探知犬、災害救助犬、地雷探知犬、動植物検疫探知犬など、その嗅覚を用いたさまざまな活躍をしてくれます。

また、犬は人を癒してくれます。日本リザルツの入口でお客様たちをお出迎えしているのはマサルくんの巨大なぬいぐるみです。他にも、通常のMサイズとLサイズのマサルくんが大活躍していす。ボランティアさんの1人はLサイズのマサルくんを抱えたままパソコン作業をしています!

3匹のマサルくんのブログは下記からご覧いただけます。
(か)

posted by resultsjp at 16:37| Comment(1) | 情報

聖火リレーランナー大谷貴子さん。白血病に立ち向かい、思い胸に駆ける

讀賣新聞 令和3年7月8日(木曜日)

東京オリンピックが間近となり連日報道がなされています。

78日の読売新聞に聖火リレーに関する記事が載っていました。


聖火と聖火リレーについては以下をご参照ください。(「オリンピック・パラリンピックの精神」より)

         古代オリンピックでは、女性が選手、観客となることは禁止。ギリシャ神話の最高位の女神ヘラ神殿前で採火。

         古代と現代との融合を、オリンピックの聖火リレーは、ドイツの体育・スポーツ史家のディームにより草案。

         リレーを通じて国同士が協力することに意義があるとの考えをもとに実施。


77日。埼玉県内2日目のランナーは、加須市を走った大谷貴子さん(60)です。

骨髄バンクの設立の中心となり、NPO法人「全国骨髄バンク推進連絡協議会」の会長を経て、

現在もなお、精力的な普及活動で、白病に立ち向かう人たちに、勇気を与え続けています。


日本リザルツ代表の白須も骨髄バンクの支援活動に従事してきており、ドナー登録者30万人の早期達成などのアドボカシーをしてきました。聖火ランナーの大谷さんとは30年来の同志でもあります。


「感謝の思いを込めて走ったので、ずっと笑顔で走れた」と、大谷さんは完走後にコメントしています。


今年は、コロナ禍で、日本も世界も不安定な状況の中、無観客でオリンピックが開幕されます。

骨髄バンクでの活動での、大谷さん、白須さんらが、現代と未来の白血病に立ち向かう人々に生きる道を切り開いたように、聖火リレーでも多くのひとたちが生きる勇気をいただいています。

どんな世の中でも、国同士が協力し、世界が争いない平和と感謝の思いで、明日や未来へ生きる道を信じ、笑顔で聖火をつないでいってほしいですね。


日本リザルツは、日本・世界の平和と健康と、生きる道を駆け抜ける輝く笑顔を、今日も応援します。



東京オリンピック 聖火リレー ライブ動画配信 大谷さん:

https://sports.nhk.or.jp/olympic/torch/events/20210707/

東京オリンピックニュース:

https://olympics.com/tokyo-2020/ja/torch/about/




kaji

posted by resultsjp at 12:14| Comment(1) | 情報