2021年12月22日

IDA20次増資会合:イギリスの拠出額削減や主要国の対外コメント

12月14,15日にわたって行われましたIDA20次増資会合に関して、
英国世界銀行議員連盟会長のツイート含め、主要国のコメント・ツイートが公表されています。

英国世銀議連会長を務めるリーアム・バーン氏はツイートにて、
IDA20の資金規模は総額930億ドル、しかし、英国の貢献額が前回比55%削減され18億ドルに留まったため、目標の1,000億ドルには届かなかったとコメントしています。

イギリス政府からIDA20に関する公式声明は出ていませんが、その他、英国議会では、外相(援助行政も所管)が他の資金源を探していると発言していた矢先に、IDAへの貢献額を55%削減したことは遺憾であり、国内向けの発言と国際社会での行動の間にギャップがある、今回のIDA増資では、日、米、仏3ヶ国が貢献額を拡大させたものの、英国による巨額の削減を埋め合わせることはできなかった、IMFから英国に追加割り当てされた200億ポンド(約3兆円)相当の特別引出権(SDR)について、大胆な「チャンネリング」を実現し、開発目的に活用していくことが重要である、といった論戦も行われているようです。

このほか、ツイッター等で、フィンランドが1.25億ユーロの拠出、バルト諸国8ヶ国計20億ドル拠出など、具体的な貢献額とともに、スウェーデン、ドイツ、アイルランド、カナダ、スペイン、ポーランド、アイスランド、デンマーク等がIDAを通じて支援を強化していくことをコメントしました。日本は、岸田総理、鈴木財務大臣より、IDA20に対して過去最大となる34億ドル(3,767億円)の貢献を行う旨を発表しています。

今回日本が最終会合(プレッジング・セッション)をホストしたIDA20の資金規模は、IDA61年の歴史で最大のものとなりました。IDA20の対象期間は2022年7月から2025年6月までの3年間で、コロナからの回復を目指し、74の最貧国において様々なプロジェクトが行われます。


主要国のコメントはこちら:


IDA20に関するWBGプレスリリース(12月15日):

英国議会上院議事録(12月16日:国際開発戦略に関する質疑):

日本政府IDA20への拠出表明に関するブログ投稿はこちら:

(杉)
posted by resultsjp at 13:57| Comment(1) | 情報

2021年12月21日

【ご案内】1.28「斎藤幸平&上村雄彦対談から 国会議員と共に考える」集い

みなさま、グローバル連帯税フォーラムの新春企画のご案内です。                                                                             

《斎藤幸平&上村雄彦対談から 国会議員と共に考える》

◆◇「人新世」を生き延びるために何ができるのか◆◇
 〜新しい資本主義とグローバル・タックス〜

◎日時:2022年1月28日(金)午前11時〜12時30分(時間の変更有り)
◎会場:未定(Zoom参加も準備します)

このたび40万部を超えるベストセラー『人新世の「資本論」』(集英社新書)で「新書大賞2021」を受賞した経済学者の斎藤幸平さん(大阪市立大学准教授)を迎え、グローバル・タックス問題の第一人者である上村雄彦さん(横浜市立大学教授)との対談を企画しました。

この対談につき、国会議員のみなさまにも参加していただけるように、現在国際連帯税創設を求める議員連盟の方に共催または後援をお願いしているところです。正式に決まりましたら、あらためてご案内します(日程は確定済み)。

さて、人類の経済活動が地球の表面を覆いつくした時代である「人新世」は、グローバル化や新型コロナウイルスのパンデミックを通し、地球規模で「格差」「分断」を拡大しました。また気候変動危機は待ったなしに私たちに解決を迫っています。

一方、岸田首相も新自由主義的な経済が格差・貧困を拡大し、地球環境への多大な負荷による気候変動問題の深刻化をもたらしたとの認識のもとに、「新しい資本主義」を提唱しています(12月6日臨時国会 所信表明演説)。

斎藤さんの「脱成長コミュニズム(コモン型社会)」、上村さんの「グローバル・タックス」提案を参考としつつ、「新しい資本主義」は可能か? 「人新世」を生き延びるために何をすべきか等を、ともに考えていきたいと思います。

★斎藤さんの最新インタビュー:

★上村さんの最新インタビュー:

斎藤幸平.JPG                                       上村雄彦.JPG
上・斎藤幸平さん
下・上村雄彦さん                                        
※写真の大きさの調整ができず、ごめんなさい

(報告:田中徹二・グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事) 


posted by resultsjp at 20:18| Comment(1) | 国際連帯税の推進

2021年12月20日

12/6 東京栄養サミットプレイベント:マサルが当たるクイズ

126日東京栄養サミットプレイベントに「マサルクイズ」を実施いたしました。景品は…マサルです!

 IMG_0451.jpg


写真の黒い入れ物は何でしょうか?という問題でしたが、正解は「お弁当箱」でした。

正解者のなかから、厳正なる抽選を行い、結果、()TKコーポレーションの佐藤様にプレゼントを贈呈することが決定いたしました。おめでとうございます!

マサルのぬいぐるみを贈呈いたしますので、今しばらくお待ちください。

IMG_0454.JPG




PS 色々と珍解答もございました。見えなくもないですが…(汗)


(一)
posted by resultsjp at 15:17| Comment(1) | 情報

19日のNHK「日曜討論」:林外相生出演・孤立対策

19日(日)の日曜討論に林芳正外相が出演されていました。


林外相は、NHKの「日曜討論」で、安全保障上の懸念などをめぐって主張すべきは主張する一方、対話は続け、建設的かつ安定的な関係の構築を目指していく考えを示されました。

来年、国交正常化から50年となる中国との関係について、林外相は「わが国周辺での軍事活動の拡大などは国際社会の安全保障上の強い懸念だ。主張すべきはきぜんとして主張し、責任ある行動を求めていく」と述べました。一方で「協力すべきはしっかり協力する原則で対話はしていかなければならず、建設的かつ安定的な関係を構築していく」と言及しました。

また、北京オリンピックへの政府関係者の派遣の是非をめぐり、諸般の事情を勘案して適切な時期に判断するという認識を重ねて示し「中国の人権状況も含めて判断していく。日中関係も当然、諸般の事情に入っている」と言及するにとどめました。


林外相の発言に関する報道はこちらを参照:

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211219/k10013394481000.html


日曜討論を見逃した方はこちらを参照(日本国内のみ):

https://www.nhk.jp/p/touron/ts/GG149Z2M64/episode/te/EWNPZV1NQ8/


さて、今回の日曜討論の後半では孤立対策について議論がされており、日本リザルツが立ち上げを支援していたNPO法人「くにたち夢ファーム」の責任者の方が出演されていました。

日本リザルツはくにたち夢ファームの立ち上げにも携わっており、特に元日本リザルツスタッフの鰐部氏が、バングラディシュのグラミン銀行で研修を受け、その経験をもとに「くにたち夢ファーム」のNPO法人化や政府助成金獲得などに大きく寄与されました。


元スタッフ鰐部氏について:

http://resultsjp.sblo.jp/article/132188156.html


くにたち夢ファームの立ち上げについて:

http://resultsjp.sblo.jp/article/96850182.html

くにたち夢ファームのNPO法人化について:

http://resultsjp.sblo.jp/article/115021068.html

くにたち夢ファームがWAM助成金を取得:

http://resultsjp.sblo.jp/article/162438585.html

Jikkaのオープニングセレモニーについて:

http://resultsjp.sblo.jp/article/169280417.html


今日の日曜討論は霞が関の魔法使いどーらも興味深く拝見したようです。日本リザルツは本当に困っている人たちが、平和に、健康に、笑顔に尊厳を持って暮らせるよう、これからも活動を続けていきます。

(ぽにょ)

posted by resultsjp at 00:17| Comment(1) | 情報

2021年12月16日

インターン園田さんがGII/IDI懇談会にてプレイベントを報告

12月16日(木)、GII/IDI懇談会がオンラインで開催されました。そこで、日本リザルツインターンの園田さんが12/6に行われた東京栄養サミットプレイベントの報告をしました。

園田さんはプレイベントの総合司会も務めるなど大活躍でしたが、今日の懇談会でも堂々と発言していました。

GII園田1216.jpeg

改めて園田さん、本当にお疲れ様でした!

ささ
posted by resultsjp at 18:06| Comment(1) | 情報