2021年12月10日

栄養サミット:小野啓一外務省地球規模課題審議官の閉会挨拶

12月7日、8日に開催された東京栄養サミット。本日は小野啓一外務省地球規模課題審議官のサミット閉会挨拶(全文)をご紹介させていただきます。


小野啓一外務省地球規模課題審議官閉会挨拶:

おはようございます、こんにちは、こんばんは。御出席者の皆様、東京栄養サミット2021が幕を閉じようとしています。2日間の会合では、政府のみならず、国際機関、民間企業、市民社会、学術界等の方々から、具体的な行動を含む力強いコミットメントが発表され、活発が議論が行われました。


66の国を含む156のステークホルダーから330以上のコミットメントが提出され、過去の栄養サミットを上回る270億ドル以上の栄養関連の資金拠出が表明されました。今ここに栄養改善に向けて国際社会が今後取り組むべき方向性をまとめた成果文書として、グローバルな成長のための栄養に関する東京コンパクト「東京栄養宣言」を発出いたします。


この東京栄養宣言に対して、64か国の政府、11の国際機関、61社の民間企業、59の市民社会等を含む214のステークホルダーからのエンドース(同意)が得られました。世界の栄養問題を解決する一歩として、国際社会が取り組むべき方向性が示されたことを歓迎いたします。加えて、これがSDGsや国連行動の10年目標の実現に資することを確信いたします。


昨日のハイレベルセッションでは、岸田文雄総理大臣による開会スピーチに続き、各国の首脳閣僚、国際機関の長、そして民間企業、民間財団、市民社会、学術界の皆様からコミットメントが発表され、国際社会が一丸となって世界の栄養改善に取り組む姿勢が示されました。


本日は5つのテーマに関し、世界の栄養問題をリードする異なるステークホルダーが英知を結集させ、今後の具体的な取り組みが議論されました。東京栄養サミットにおいて、こうした深く、広範な、そして示唆に富み、アクションオリエンティッドな議論ができたのは、国際的なステークホルダーの方々の情熱と貢献のお陰です。


日本政府は2年以上前から主要なステークホルダーの方々とアドバイザリーグループを組織して、準備にあたってきました。彼らの努力なしで、この会議の成果があり得ませんでした。その関与に心からの敬意と感謝を表します。


東京栄養サミットのもう1つの成果は、数多くのサイドイベントの開催です。その数は本日時点で120以上に及びます。例えば、食塩の過剰摂取に関し、日本企業が日本ならではの発信として「うま味」が減塩につながるエビデンスを示して栄養改善における企業の役割を示すなど、様々なテーマについて、活発な議論が行われました。様々なイベントの主催者の皆様に感謝いたします。このような主催国政府以外の方々の熱が会議を成功に導いたと考えます。サイドイベントは来年1月まで続きます。是非、ご参加ください。


新型コロナによる開催延期を経て、東京栄養サミットの開催までは長い道のりを経てきました。こうして無事、サミットを閉幕させることができるのは、ご協力、そしてご参加してくださった皆様のお陰であり、心から感謝申し上げます。


栄養は健康と福祉の基礎であるとともに、持続可能な開発と経済成長の基盤です。個人、コミュニティ、国、そして世界が繁栄するための礎です。栄養改善がなされてこそ、世界の平和と繁栄、持続可能な社会が作られるのです。今後、今回約束されたコミットメントに参加者それぞれが真剣に取り組んでいきましょう。そして、2024年にフランスで開催される次回サミットでは、東京栄養サミットからの更なる進捗を皆様と確認できることを強く期待しております。

2日間の会議へのご参加、ご協力、本当に有難うございました。

動画はこちらから視聴いただけます。小野啓一地球規模課題審議官のスピーチは2日目の4:46:31ごろからです。
(ぴんく)
posted by resultsjp at 17:00| Comment(1) | 情報

12/6 東京栄養サミットプレイベント:登壇者

12月6日に行われました東京栄養サミットプレイベントでは、学術界、省庁、民間、国際機関を含めた様々な登壇者にお話をいただきました。

主に第3部の登壇者について、ご紹介いたします。

IMG_9361.JPG


IMG_9143.JPG

第1部でご登壇いただいた東京大学理事 石井菜穂子様からはグローバルコモンズと食料システムについてお話いただきました。

IMG_9422.JPG

第3部では、日本医師会名誉会長の横倉義武先生より、栄養を通じたコロナに負けない社会づくりについてお話いただきました。

IMG_9426.JPG

IMG_9355.JPG

日本栄養士会 中村丁次会長よりアジアをはじめとした世界での栄養士貢献に関するコミットメント、東京大学特任教授 加藤久典先生より2022年に開催予定の国際栄養学会議についてご発言いただきました。


IMG_9359.JPG

また、国立健康・栄養研究所所長 津金昌一郎様より研究所のコミットメント等をお話いただきました。


IMG_9397.JPG


環境省環境事務次官 中井徳太郎様よりお話しいただいた、人間の健康が地球全体の健康に関わるのだという力強いご発言は心に響くものでした。

また、経済産業省商務・サービス政策統括調整官 田中一成様より会社での健康経営について、文部科学省文部科学戦略官 三谷卓也様より日本の学校給食、食育を通じた子どもの健康づくりについてのお話がありました。



プレイベント第3部終了後、中村丁次日本栄養士会会長のジャパン・ニュートリッション出版記念を祝し、講演会が開かれました。


IMG_9428.JPG



IMG_9436.JPG


味の素 西井孝明代表取締役社長や秋田県医師会 小玉弘之会長、シュプリンガー・ネイチャー アントワーン・ブーケ代表取締役社長などから、祝辞をいただきました。

IMG_9460.JPG

最後に、神奈川県立保健福祉大学 大谷泰夫理事長より出版記念講演会閉会のご挨拶をいただきました。



他にもさまざまご登壇いただき、栄養改善に関する貴重なお話を聞かせて頂きました。全ての詳細は、これから成果物議事録にまとめていきたいと思います!



(杉)


posted by resultsjp at 13:47| Comment(1) | 情報