2021年12月12日

栄養サミット:各ドナーの拠出まとめ

12月7日、8日に開催された東京栄養サミットでは、66か国及び19企業を含む148のステークホルダーから300以上のコミットメントが提出され、約270億ドル(3618億円)栄養関連の資金拠出が表明されました(12月7日現在)。

今日は主なドナーのコミットメントを紹介します。

日本は冒頭の岸田総理大臣の挨拶で、28億ドル超、3,000億円の資金拠出を発表しました。
きしだ.jfif
岸田総理大臣のスピーチの様子
岸田総理大臣のスピーチはこちらを参照(日本語)

カナダは 2020年に520 million CAD(463.37億円)を公表していましたが、195 million CAD (約173.76億円)の追加コミットメントを発表しました。

カナダ.jfif

カナダ ハージット・サージャン 国際開発大臣兼太平洋(BC州)経済開発庁担当大臣のスピーチの様子


欧州連合(EU)は、2024年までに25億ユーロ(約3208.5億円)の大規模なコミットメントを行うことを公表しました。

EU.jfif

EU ユッタ・ウルピライネン 国際パートナーシップ担当欧州委員のスピーチの様子


EUのプレスリリースはこちらを参照(英語)

https://ec.europa.eu/commission/presscorner/detail/en/ip_21_6644



米国は、今後3年間で110億ドル(12474億円)を栄養不良に、そのうち30億ドル(3402億円)を緊急人道支援にコミットすることを公表しました。

パワー.jfif

米国 サマンサ・パワー USAID長官


USAIDのプレスリリースはこちらを参照(英語)

https://www.usaid.gov/news-information/press-releases/dec-7-2021-administrator-power-announces-11-billion-combat-malnutrition


国以外ではゲイツ財団がUNICEFに対し、1,000万ドルの支援を発表しています。


https://www.unicef.org/press-releases/joint-statement-child-wasting-and-launch-nutrition-match-fund


フランスは最後に2024年栄養サミットの開催を正式に公表しました。

仏.jfif

フランス ジャン=イヴ・ル・ドリアン 欧州・外務大臣


一方、N4Gサミットを立ち上げた英国は資金拠出について明言がなく、すでにメディアでも報道されています。

https://www.devex.com/news/uk-commits-nothing-at-nutrition-for-growth-summit-102283

英国の市民社会も「深く憂慮すべき」とすでに反応するなどの動きが出ています。今後の動向も注視していきたいです。


https://www.results.org.uk/results-uk-statement-nutrition-growth-summit


ハイレベルセッションのスピーカーはこちらから確認いただけます。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/ic/ghp/page22_003761.html#section1

(ぴんく)



posted by resultsjp at 16:27| Comment(1) | 情報