2022年05月05日

5月5日 子どもの日

5月5日は子どもの日です。
昨日、総務省はこれに伴い子どもの数を発表しました。15歳未満の男女は1465万人で、総人口の11.7%で過去最少となりました。一方、65歳以上の高齢者の数は29.0%に達しました。
国際的にみても、人口4000万人以上の国では、日本の子どもの割合は最も低い数値です。

この少子化問題に関して、岸田政権は、男性の育児休暇促進やこども家庭庁の設立、保育施設の拡大などの政策をあげています。

また、厚生労働省は、東京の平均初婚年齢は30歳を超えていることからも示唆されるように「出生率の低下は女性の高学歴化による晩婚化が主因」だとしています。昭和女子大特命教授によれば、少子化問題は、子育てへの支援だけではなく、これらの女性が結婚した後の賃金所得の減少など、女性の結婚のリスクを考えた対策との両輪が必要になるそうです。

これに加え、都道府県別データでは、秋田県の子どもの割合が9.5%と日本で最も低い値です。秋田県では子育て環境整備に重点を置く等、少子化問題を県の最重要課題として行っています。日本リザルツは、本年6月に秋田県でGGG+フォーラム秋田を開催しますが、秋田の教育や自然環境など優れた点を持つ秋田での少子化問題等についても議論する予定です。世界的現象である少子化問題が、今後、秋田を含めた日本全体で、その取り組みモデルを世界へ発信できたら良いのではないかと思います。

参考

(杉)
posted by resultsjp at 11:01| Comment(1) | 情報