2022年05月06日

開発途上国の経済支援

先進国及び途上国の共通の目標:SDGs。これを達成するための取り組みが積極的に行われています。

1インフラ整備、2貧困をなくす、3飢餓をなくす、4質の高い教育、5ジェンダーの平等、6安全な水の確保、7再生可能エネルギーの確保、8適切な労働環境の確保、9不平等の是正などが挙げられています。 

途上国では、労働環境が経済成長を妨げている現状があります。又、質の高いインフラは、中長期的に雇用創出につながり、途上国の人々の生活を豊かにしていきます。また、貧困ゆえに、十分な教育を受けられない子どもが多くおり、教育支援も必要ですね。 

日本リザルツでは、世界のパートナーと連携をして、貧困や、教育、国際保健などの問題解決に取り組んでいます。課題が解決し、開発途上国の経済状況も徐々に改善していくといいですね。 

参考:

http://resultsjp.sblo.jp/article/189264907.html  (GPE 教育支援)

http://resultsjp.sblo.jp/article/188615428.html  (連帯税)

(にゃんこ)


posted by resultsjp at 14:55| Comment(1) | 情報

ウクライナ侵攻。世界と日本の政治課題とは

ウクライナ侵攻が進む中、国内外で様々なことが議論されています。

ウクライナ侵攻は国際社会、そして日本政府が以前から抱えている課題を浮き彫りにしたようにも思えます。 

さて、日本リザルツは結核支援に取り組んでおり、ウクライナへの結核支援の重要性を訴えています。

ウクライナを含めた東欧は多剤耐性結核のまん延が深刻な地域です。

現在でも毎年、3万人程の結核患者が新たに発生しています。


(参考)

@   2019年 統計(WHO

ウクライナの結核罹患率をアメリカと中国と日本と比較した一覧表

国名

総人口

結核罹患率

中国

1,407,745,000

58(10万人当たり)

アメリカ

328,329,953

3(10万人当たり)

日本

126,264,931

13(10万人当たり)

ウクライナ

44,386,203

77(10万人当たり)

ウクライナの結核罹患率が最も高いということが分かります。

アメリカと比較すると25.7倍も結核罹患率が多く、日本と比べると5.9倍、中国と比べると1.3倍の差があることが分かります。

A

U.jpg



 B参考資料:

 日本リザルツブログ http://resultsjp.sblo.jp/article/189507876.html

(K)

posted by resultsjp at 14:38| Comment(1) | 情報