2022年05月09日

自己紹介(M)

こんにちは。日本リザルツに新しくアルバイトとして入職した増田と申します。

私は今年9月からイギリスの大学院にて平和構築・紛争解決を学ぶ予定です。平和を構築する為の手段の一つであるアドボカシーを学びたく、日本リザルツでの勤務を希望しました。

私は大学で農学の学士を習得した後、JICA青年海外協力隊員としてアフリカのルワンダに1年間派遣されていました。協力隊の終了後、紛争予防に関する「職業は武装解除」(瀬谷ルミ子著)がきっかけとなり、自身の専門を農学から平和構築・紛争解決に変更する事を決め、関連するNPOで半年間インターンシップをしていました。

大学院では紛争の起きる原因、仕組みや、如何にして紛争を停止させる事ができるのかを学びたいと考えています。

卒業後の進路として国際NGOや国際機関での勤務を希望しています。

留学に行くまでの短い間ではありますが、よろしくお願いします。


M

posted by resultsjp at 17:02| Comment(1) | 情報

新型コロナの行方

新型コロナの感染者数は減少傾向を示しています。2年以上続く新型コロナの収束に向けて、私達の日常生活が以前にもどれるのはいつなのかと気になるところです。

さて、長崎大学の山本太郎教授は「諸外国では行動制限の緩和については、社会の合意や国民の価値観の違いにより違いがある。日本は、社会全体で自粛や行動制限を取ってきたが、欧州と比べて国内の感染者・死亡者は少なく、人の命を大切にする考え方を踏まえた議論が大切。日本の将来世代に責任をもった観点から論議を始めるべき。コロナと共存する上での答えを社会は見出せていないのが、共存のあり方を巡る議論がすすんでいる」と指摘しています。

山本太郎教授のご専門は、感染症や国際保健分野です。日本リザルツとは親交があり、予てよりご指導をいただいています。

新型コロナが終息に向かうことを願ってやみません。

http://resultsjp.sblo.jp/article/189368522.html

http://resultsjp.sblo.jp/article/187643156.html

http://resultsjp.sblo.jp/article/187263788.html

(K)

posted by resultsjp at 12:36| Comment(1) | 情報