2022年06月28日

G7:岸田総理が食料支援に2億ドルの拠出を表明

G7サミットに出席している岸田総理大臣は、世界的な食料危機をめぐり、ロシアによる軍事侵攻が原因だと指摘したうえで、ウクライナに加え、中東・アフリカ諸国を支援するためおよそ2億ドル、日本円にして270億円の拠出を表明しました。具体的には、ウクライナの穀物輸出の再開に向けた貯蔵施設の整備や、中東・アフリカ諸国への食料支援などを行うそうです。

また、およそ1億ドルの追加の人道支援を検討していることを明らかにし、これまでのものも含め総額11億ドルの支援を実施していくと説明しました。


報道はこちらを参照:

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220627/k10013691481000.html


サミットの様子(1日目)

https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202206/26summit.html

サミットの様子(2日目)

https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202206/27summit.html

(ぽにょ)


posted by resultsjp at 15:57| Comment(1) | 情報

中東・アフリカで社会不安も 食料危機の行方

2022年6月27日付の日本経済新聞に、「食料危機の行方」の特集記事が掲載されています。

ロシアによるウクライナ侵攻とロシアへの経済制裁により、世界の食料安全保障が危機にひんしています。ロシアは世界一の小麦輸出国であり、中国とインドに次ぐ世界屈指の生産国です。また、ウクライナも世界の小麦輸出国トップ5に入っています。両国はトウモロコシ、ヒマワリ油の主要輸出国でもあり、輸出量の合計は世界全体の取引の約25%を占めています。

国連のグテレス事務総長は5月、世界の食料安全保障に関する会合で、深刻な食料不安に陥る人々の数は全世界でコロナ禍前の1億3500万人から2億7600万人と2倍以上になるとの見通しが示されています。

世界保健機関(WHO)は、発展途上国の多くを含む50か国が小麦供給の多くをロシアとウクライナに依存しており、中東、ソマリア、エチオピア、ケニアなどで栄養不足に陥る人々が激増する可能性があると警告しており、問題は飢餓だけではなく、食料を輸入に頼る国で供給不足が生じ、社会不安となって暴動や内戦となる可能性も指摘されています。

また、憂慮されるのは、エジプト、トルコ、レバノン、パキスタンなどは小麦の輸入の8〜9割をロシア・ウクライナ両国に頼っています(図参照)。貧困にあえぐイエメンやバングラデシュもおよそ半分を依存するなど、ロシアのウクライナ侵攻による影響を真正面から受けており、小麦の市場価格はウクライナ侵攻の開始以来、既に35%以上も上昇しています。
図表(中東・アフリカで社会不安も 食料危機の行方).jpg

ロシアによるウクライナ侵攻の長期化が、参議院選挙の論点になっている物価高騰のみならず、広範な暴動誘発の可能性があるばかりか、2023年以降の小麦や肥料の供給にも懸念が生じています。
不幸で不毛な戦争が一日も早く終結することを願って止みません。

(一)

posted by resultsjp at 15:17| Comment(1) | 情報

2022年06月26日

G7始まる

主要7カ国首脳会議(G7サミット)が、26日から3日間の日程でドイツ南部エルマウで始まりました。

先ほど、岸田総理大臣もドイツに到着されたようです。ロシアによるウクライナへの軍事侵攻や世界的な食料危機、エネルギー問題や物価上昇など山積する問題に対し、どのような協議がなされるのか注目したいところです。


NHKの報道はこちらを参照:

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220626/k10013689211000.html

議論のポイントなどはこちらの報道を参照:

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220626/k10013688851000.html

外務省の公式情報:

https://www.mofa.go.jp/mofaj/ecm/ec/page1_001203.html


今回の議長はドイツが務めます。ドイツは天然ガスや石炭の輸入の約半分、石油の3割をロシアに依存してきたという背景があります。ロシアに対抗措置を取られている中、どのように議論をリードしていくのかが気になります。

報道はこちらを参照:

https://news.yahoo.co.jp/articles/229c68df0f22d2f7e246dc8b67f2ed43ca38157c


来年(2023年)のG7サミットは、広島で開催されます。今回の議論をどのように次のG7に繋げられるのか、岸田総理の手腕にも期待したいところです。

(ぽにょ)

posted by resultsjp at 17:07| Comment(1) | 情報

2022年06月22日

世界銀行ラウンドテーブル「変貌する援助の流れ:公的資金の流れと援助構造のトレンド」

本日、世界銀行東京事務所にてラウンドテーブルが開催されました。

発表者として世界銀行開発金融総局担当副総裁の西尾昭彦様、パネルディスカッションではモデレーターとして東京大学大学院経済学研究科教授の澤田康幸様、元ネパール財務省次官 国際協力担当 シィリクリシュナ・ネパール様(オンライン参加)、アジア開発銀行研究所(ADBI)所長 園部哲史様、早稲田大学理工学術院 国際理工学センター教授 北野尚宏様、慶應義塾大学 医学部 医療政策・管理学教室 特任准教授兼、東京大学 大学院医学系研究科 国際保健政策学教室 特任助教 野村周平様がご登壇されました。

西尾副総裁の発表では過去10年での途上国へ向けた資金フローの変化や、ドナー数の増加、援助の細分化により発生する問題について説明がなされました。特に、ドナーが増加することで支援の対象が分散し、本当に支援が必要な層が取り残されている問題があるようです。
この解決に対し、援助機関の統合や、BRICSのような新興国を含めた包括的な国際協力の実施、ODAの全体戦略を再構築することなどが有効ではないかとの結論に至りました。

パネルディスカッションではヘルスセクターにおける支援国と被支援国の認識のギャップや、SDGs達成のための道筋などが話されました。効率よく支援を行うには認識のズレを埋めていくことや、支援の分配を正しく行うことなどが挙げられていました。


image_50435585.JPG
左から野村様、北野様、園部様、澤田様、西尾様
IMG_0985.JPEG
主催者である世界銀行駐日代表の米山泰揚様が司会をされていました。

image_67502081.JPG


ドナーが多くなると支援が分散・独立し、むしろ問題が発生するというのは盲点でした。効率的に支援を行うために世界銀行のような国際機関が支援のプラットフォームとなることを望みます。

(M)


posted by resultsjp at 22:11| Comment(1) | 情報

GGG+フォーラム秋田:開催報告2

6月19日に開催されたGGG+フォーラム秋田2022の後半編を紹介いたします。

第2部は栄養セッション〜秋田から世界へ発信〜です。
モデレーターは渋谷健司先生に行っていただき、様々な栄養関係者の方々からお話いただきました。
IMG_0147.JPG

IMG_0149.JPG
始めに仙北市の田口知明市長より、ご挨拶いただきました。

IMG_0150.JPG
秋田県歯科医師会 藤原元幸会長

IMG_0151.JPG
財務省国際保健専門官 柳川優人様

IMG_0169.JPG
秋田今野商店 今野宏様

IMG_0170.JPG
ヤマダフーズ 山田伸祐様

IMG_0171.JPG
東北日本ハム 落合貴浩社長

IMG_0172.JPG
味の素東北支社 鳥越仁志社長

IMG_0175.JPG
味の素ファンデーション 重宗之雄様

IMG_0176.JPG
秋田県医師会 小玉弘之会長

IMG_0177.JPG
最後に、秋田県医師会 小玉弘之会長とJICA上級審議役 佐藤正様にご総括をいただきました。

第3部ユースセッションでは、DSMの丸山和則社長にモデレーターをお務めいただき、登壇者からの発表、またその後学生による議論が行われました。
IMG_0181.JPG

IMG_0192.JPG
始めに、秋田県ご出身である参議院議員 寺田静先生よりご挨拶いただきました。

IMG_0205.JPG
国際医療福祉大学教授 和田耕治先生より公衆衛生学の大切さについてお話しいただきました。

IMG_0213.JPG
国際赤十字委員会 榛澤 祥子様よりウクライナの人道支援に関するお話をしていただきました。

IMG_0221.JPG
世界連邦事務局次長 谷本真邦様より世界連邦の説明をしていただきました。

IMG_0232.JPGIMG_0235.JPG
参加した秋田大学、秋田県立大学、国際基督教大学の学生からは、ジェンダーに関わる問題について寺田先生へ質問があったり、ウクライナやアフガニスタンの紛争に関わる問題意識を発表してくれたりしました。

IMG_0248.JPG
学生からのアフガニスタンの話に答える GPE 松吉由希子様

IMG_0253.JPG
いぶりがっこの伝統継承について話す仙北市議会議員 西宮三春様

IMG_0278.JPG
最後に、秋田大学山本文雄学長より本セッションの総括をお話いただきました。

IMG_0283.JPG
まとめセッションでは、日本医師会名誉会長 横倉義武先生 と 秋田テレビ 石塚真人社長よりまとめをお話いただきました。

IMG_20220619_180631 (1).jpgIMG_20220619_180618.jpg
一番最後には、タニタ秋田にご協力いただき、皆でタニタ体操で疲れた体をリフレッシュさせました!
一日を通じて、秋田県内外から230人の参加者にご来場いただき、GGG+フォーラム秋田2022は盛況のうちに閉会いたしました。

GGG+フォーラム秋田2022にご協力、ご参加いただいた皆様、大変ありがとうございました!

(杉)


posted by resultsjp at 18:34| Comment(1) | 情報