2022年06月22日

世界銀行ラウンドテーブル「変貌する援助の流れ:公的資金の流れと援助構造のトレンド」

本日、世界銀行東京事務所にてラウンドテーブルが開催されました。

発表者として世界銀行開発金融総局担当副総裁の西尾昭彦様、パネルディスカッションではモデレーターとして東京大学大学院経済学研究科教授の澤田康幸様、元ネパール財務省次官 国際協力担当 シィリクリシュナ・ネパール様(オンライン参加)、アジア開発銀行研究所(ADBI)所長 園部哲史様、早稲田大学理工学術院 国際理工学センター教授 北野尚宏様、慶應義塾大学 医学部 医療政策・管理学教室 特任准教授兼、東京大学 大学院医学系研究科 国際保健政策学教室 特任助教 野村周平様がご登壇されました。

西尾副総裁の発表では過去10年での途上国へ向けた資金フローの変化や、ドナー数の増加、援助の細分化により発生する問題について説明がなされました。特に、ドナーが増加することで支援の対象が分散し、本当に支援が必要な層が取り残されている問題があるようです。
この解決に対し、援助機関の統合や、BRICSのような新興国を含めた包括的な国際協力の実施、ODAの全体戦略を再構築することなどが有効ではないかとの結論に至りました。

パネルディスカッションではヘルスセクターにおける支援国と被支援国の認識のギャップや、SDGs達成のための道筋などが話されました。効率よく支援を行うには認識のズレを埋めていくことや、支援の分配を正しく行うことなどが挙げられていました。


image_50435585.JPG
左から野村様、北野様、園部様、澤田様、西尾様
IMG_0985.JPEG
主催者である世界銀行駐日代表の米山泰揚様が司会をされていました。

image_67502081.JPG


ドナーが多くなると支援が分散・独立し、むしろ問題が発生するというのは盲点でした。効率的に支援を行うために世界銀行のような国際機関が支援のプラットフォームとなることを望みます。

(M)


posted by resultsjp at 22:11| Comment(1) | 情報

GGG+フォーラム秋田:開催報告2

6月19日に開催されたGGG+フォーラム秋田2022の後半編を紹介いたします。

第2部は栄養セッション〜秋田から世界へ発信〜です。
モデレーターは渋谷健司先生に行っていただき、様々な栄養関係者の方々からお話いただきました。
IMG_0147.JPG

IMG_0149.JPG
始めに仙北市の田口知明市長より、ご挨拶いただきました。

IMG_0150.JPG
秋田県歯科医師会 藤原元幸会長

IMG_0151.JPG
財務省国際保健専門官 柳川優人様

IMG_0169.JPG
秋田今野商店 今野宏様

IMG_0170.JPG
ヤマダフーズ 山田伸祐様

IMG_0171.JPG
東北日本ハム 落合貴浩社長

IMG_0172.JPG
味の素東北支社 鳥越仁志社長

IMG_0175.JPG
味の素ファンデーション 重宗之雄様

IMG_0176.JPG
秋田県医師会 小玉弘之会長

IMG_0177.JPG
最後に、秋田県医師会 小玉弘之会長とJICA上級審議役 佐藤正様にご総括をいただきました。

第3部ユースセッションでは、DSMの丸山和則社長にモデレーターをお務めいただき、登壇者からの発表、またその後学生による議論が行われました。
IMG_0181.JPG

IMG_0192.JPG
始めに、秋田県ご出身である参議院議員 寺田静先生よりご挨拶いただきました。

IMG_0205.JPG
国際医療福祉大学教授 和田耕治先生より公衆衛生学の大切さについてお話しいただきました。

IMG_0213.JPG
国際赤十字委員会 榛澤 祥子様よりウクライナの人道支援に関するお話をしていただきました。

IMG_0221.JPG
世界連邦事務局次長 谷本真邦様より世界連邦の説明をしていただきました。

IMG_0232.JPGIMG_0235.JPG
参加した秋田大学、秋田県立大学、国際基督教大学の学生からは、ジェンダーに関わる問題について寺田先生へ質問があったり、ウクライナやアフガニスタンの紛争に関わる問題意識を発表してくれたりしました。

IMG_0248.JPG
学生からのアフガニスタンの話に答える GPE 松吉由希子様

IMG_0253.JPG
いぶりがっこの伝統継承について話す仙北市議会議員 西宮三春様

IMG_0278.JPG
最後に、秋田大学山本文雄学長より本セッションの総括をお話いただきました。

IMG_0283.JPG
まとめセッションでは、日本医師会名誉会長 横倉義武先生 と 秋田テレビ 石塚真人社長よりまとめをお話いただきました。

IMG_20220619_180631 (1).jpgIMG_20220619_180618.jpg
一番最後には、タニタ秋田にご協力いただき、皆でタニタ体操で疲れた体をリフレッシュさせました!
一日を通じて、秋田県内外から230人の参加者にご来場いただき、GGG+フォーラム秋田2022は盛況のうちに閉会いたしました。

GGG+フォーラム秋田2022にご協力、ご参加いただいた皆様、大変ありがとうございました!

(杉)


posted by resultsjp at 18:34| Comment(1) | 情報

GGG+フォーラム秋田:開催報告1

6月19日(日)秋田キャッスルホテルにて
GGG+フォーラム秋田が開催されました。

7:45からは朝の栄養の目覚めセミナーが行われ、中村丁次日本栄養士会長が基調講演を行われました。
冒頭、秋田市の穂積志市長よりご挨拶があり、北前船や秋田の食文化についてお話いただきました。

IMG_0092.JPG
モデレーターは厚生労働省栄養室の清野富久江室長が務め、栗盛会長より秋田の栄養政策のご紹介をご説明、セミナーのご総括をしていただきました。
セミナーでは、秋田県栄養士会長の栗盛寿美子様を始めとした秋田県栄養士会の方々が多くご来場されました。

IMG_0099.JPG

GGG+フォーラム秋田のオープニングビデオ放映後、本会議が始まりました。
ご挨拶の部では、秋田にゆかりのある国会議員の先生や大使にお話しいただきました。

IMG_0106.JPG
復興副大臣 冨樫博之先生
IMG_0108.JPG
駐日ボツワナ大使 ホツィレエネ・モラケ大使

IMG_0110.JPG
衆議院議員 御法川信英先生

IMG_0111.JPG
参議院議員 若松謙維先生

IMG_0112.JPG
秋田県の佐竹敬久知事も来場し、SDGsについてお話いただきました。

IMG_0113.JPG
前衆議院議員 三原朝彦先生

IMG_0114.JPG
世界銀行駐日代表 米山泰揚様

IMG_0115.JPG
慶応義塾大学特任准教授 野村周平先生からは、GGG+(Global Fund, Gavi, GHITとその他の機関)についてご説明頂きました。

第1部結核セッションでは、主に結核の治療と検査のための各社の取り組みを発表頂きました。モデレーターは厚生労働省大臣官房国際課 岡田岳大様が務めてくださいました。

IMG_0118.JPG
大塚製薬 川崎昌則様

IMG_0119.JPG
富士フィルム 中村健太郎様

IMG_0122.JPG
ニプロ 吉田博様

IMG_0124.JPG

日本リザルツの小寺さんからは秋田の結核の歴史について発表がありました。

IMG_0135.JPG
藤田医科大学医学部の講師である港雄介先生より、ご総括とご自身のご研究の説明をしていただき、結核セッションは終了いたしました。

お昼時間には、ランチセッションを設け、参加者の方々はキャッスルホテルの和食弁当を楽しみながら講演を聞きました。
IMG_0140.JPGIMG_0142.JPG

モデレーターは味の素株式会社の畝山寿之様です。
医薬基盤・健康・栄養研究所所長 津金昌一郎様と、東京財団政策研究所研究主幹 渋谷健司先生より、うま味と減塩についてのお話をしていただきました。皆さん、お昼ご飯を食べながら、非常に興味深そうに聞いていた様子が印象的でした。

ランチセッション後は、秋田県健康福祉部健康づくり推進課 竹田様より 秋田県の新・減塩音頭についての説明をしていただき、令和の新・減塩音頭を会場の皆さんで聴きました。
IMG_0146.JPG

ここまでが、朝からお昼のセッションまでの紹介です。
秋田県内外から多くのご登壇者、参加者の皆さんにご来場いただき、本当に有難うございました。
午後のセッションについても、後の投稿でご紹介いたします!

(杉)





posted by resultsjp at 15:54| Comment(1) | 情報