2022年06月30日

アフガニスタンでの地震と国際社会の反応

アフガニスタンで1週間前に起きた地震は現地の住民に苦難を強いています。
今月22日、アフガニスタン東部ではマグニチュード5.9の地震が起き、子ども155人を含む約1,000人が犠牲となりました。国連人道問題調整事務所(OCHA)のアフガニスタン事務所によると、今回被害が大きかった地域では36万2000人が被さいしたといいます。
アフガニスタンでは2021年のタリバン侵攻後から、食料不足が懸念されていましたが、今回の地震により更に状況は悪化しました。食料品だけでなく、飲料水の不足や衛生状況の悪化も起きており、被さい地への一刻も早い支援が求められます。

一方、6月29日に開かれたG7では、ロシアのウクライナ侵攻によって深刻化した食料安全保障への取り組みに45億ドルを追加拠出することで合意されました。今年の支援額を総額140億7500万ドルまで増やすとのことですが、各国の注目がウクライナに向きすぎているような気がします。
今回のアフガニスタンでの地震のように、世界では緊急で支援を必要としている人がたくさんいます。国際社会にはウクライナのような「目立つ」事態にのみ注目するのではなく、目立たなくとも支援が必要な国々があることを意識していただきたいと思います。

また、私たちも主流の情報に乗せられるだけではなく、新聞の片隅にある記事にも注目し、反応していくことが求められるのではないかと思います。
参考:朝日新聞6月29日 1面、3面、7面
(M)
続きを読む
posted by resultsjp at 22:51| Comment(1) | 情報