2022年08月15日

医療と命

命の重みは、誰の考え方に基づいたものでしょうか。

私は、ある衝撃に受けました。

ある女性が出産後、帝王切開の傷口に痛みが生じるようになりました。症状が悪化したにも関わらず「様子をみよう」と医師から告げられ、診療記録には「適切に回復している」とまで、記されていたのです。血栓等を疑う検査は「陰性」でしたが、突然心不全を起こし倒れ、脳死状態に陥ったそうです。

女性の友人の産婦人科医師は「早期に適切な処置が行われれば、命は救われたはずだ」と指摘しています。女性の両親は「なぜママがいなくなったの?」と無邪気に尋ねる幼い孫に「ママが命を落とした経緯を説明するのは悲痛だ」と話されていました。


皆様はどのようにお感じになられましたか?

新型コロナウイルスのワクチンが普及し、世界の多くの人々の命が救われています。

ここには人種の違いはなく、命を救うための方策があったことをとても嬉しく思っています。

医療に格差があってはならないと思います。


尚、日本リザルツは、ワクチン提供推進に向けたアドボカシーをしています。 

参考)

朝日新聞 814

http://resultsjp.sblo.jp/article/189631942.html (日本リザルツブログ ワクチンが救った命)

(k)



posted by resultsjp at 22:06| Comment(1) | 情報

G7に向けたグローバルヘルスのタスクフォースが発足

来年のG7に向けて、「グローバルヘルスと人間の安全保障」運営委員会(委員長:武見敬三 参議院議員)のもとに「2023G7グローバルヘルス・タスクフォース」が設置されました。


メンバーを拝見しましたが、日本リザルツと親交のある方もいらっしゃるようです。

https://www.jcie.or.jp/japan/2022/08/10/post-15996/


折しも、岸田文雄総理と世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が、このほど、WHO傘下の新組織を日本に設立する方針で合意したと報道されたばかりです。


新組織は、世界中の誰もが必要な医療サービスを負担可能な額で受けられる「ユニバーサルヘルスカバレッジ(UHC)」の実現を目標に掲げたもので、今後、厚生労働省を中心に作業部会の設置準備が進みます。


詳細はこちらの報道を参照:

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO63414360T10C22A8EA3000/

https://news.yahoo.co.jp/articles/7288c5361fc3da4d3e327ced428f6f9257397d9c


タスクフォースでも実りのある議論がなされることを期待しています。

(ぽにょ)

posted by resultsjp at 17:36| Comment(1) | 情報

2022年08月13日

日本とWHO:UHC実現に向けた新組織を設立

日本リザルツがアドボカシーを進める国際保健分野。

今日は大きなニュースが飛び込んできました。

岸田文雄総理と世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が、このほど、WHO傘下の新組織を日本に設立する方針で合意しました。

新組織は、世界中の誰もが必要な医療サービスを負担可能な額で受けられる「ユニバーサルヘルスカバレッジ(UHC)」の実現を目標に掲げたもので、今後、厚生労働省を中心に作業部会の設置準備が進むそうです。


G7サミットは来年の519日から21日まで、岸田総理のお膝元である広島で行われます。新組織はこのサミットに合わせて発足される方向です。


詳細はこちらの報道を参照:

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO63414360T10C22A8EA3000/

https://news.yahoo.co.jp/articles/7288c5361fc3da4d3e327ced428f6f9257397d9c


どういった組織や運営体制になるか、日本リザルツでも注視していきたいと思います。

(ぽにょ)

posted by resultsjp at 17:22| Comment(1) | 情報

2022年08月09日

ケニア大統領選:投票始まる

ケニアでは大統領の3選が禁じられています。そのため2期を務めた現職ケニヤッタ氏(60)は出馬しません。有力視されるルト副大統領(55)と野党指導者のオディンガ元首相(77)による事実上の一騎打ちです

https://www.jiji.com/jc/article?k=2022080800860&g=int


本来ケニヤッタ政権下で副大統領だったルト氏が後継者であるとみられてきましたが、両者の関係にひびが入り、今回、ケニヤッタ氏は長年のライバルであるオディンガ氏への支持を公言する異例の展開を見せています。両者の支持はほぼ互角で、大接戦が予想されています。


ケニアでは大統領選の度に民族間の争いが勃発しています。2007年の大統領選時には対立勢力の衝突で1100人以上が死亡しました。

今日は、警官15万人を動員し全土で不測の事態に備えるそうで、すでに街は厳戒態勢です。

平和に選挙が終わることを願っています。

(ぽにょ)

posted by resultsjp at 15:55| Comment(1) | 情報

イスラエルとガザ武装組織の停戦合意

イスラエルとガザ地区で活動を続けるイスラム過激派組織「イスラム聖戦(Islamic Jihad)」は、現地時間8月7日午後11時30分から、エジプトの仲介により停戦に入ったと発表しました。
ただ、両者は停戦直前まで攻撃を続けており、停戦合意後も相手を武力で攻撃する姿勢を見せ、一触即発の状態が続いています。

イスラエルとガザの停戦は2014年7月にも行われましたが、2018年5月、ガザ地区のデモ隊に向けたイスラエル軍の発砲を機に紛争が再開しました。

今回の停戦合意はあくまで停戦の第一歩であり、今後は国際社会が協力し、武力紛争を起こさなくする更なる仕組み作りが必要であると考えます。
一手段として私たちにできることは、まずは問題に注目し、声を上げることが大切であると思います。世の中で起きている紛争はロシアによるウクライナ侵攻だけでなくミャンマーやアフガニスタン、ガザでも起きているということを知り、SNSでも知人への声掛けでも、まずは声を上げ理解者を増やすことが国際社会を動かす力となります。

日本リザルツはUNRWA(国連パレスチナ難民救済事業機関)と協力し、UNRWAへの支援活動の一環として、ガザの子どもたちとともに平和を願う凧揚げの企画を行っています。
「天井のない監獄」とも呼ばれるガザに住む人々が、尊厳を持って生きられる未来が来ることを強く望みます。
(M)

posted by resultsjp at 09:37| Comment(1) | 情報