2022年08月30日

結核終焉:日本が低まん延国入り!

日本リザルツは結核終焉に向けた取り組みを行っています。

今日は非常に嬉しいニュースが飛び込んできました。厚生労働省は本日、国内で2021年に結核との診断を受けた患者は人口10万人あたり9.2人だったと発表しました。

晴れて日本が「低まん延国」入りしたのです。


報道はこちらを参照:

https://www.asahi.com/articles/ASQ8Y51G0Q8YUTFL003.html

https://www.asahi.com/articles/ASQ8V6GR2Q8LUTFL00T.html?oai=ASQ8Y51G0Q8YUTFL003&ref=yahoo


日本国内で2021年に「結核」との診断を受けた人は11519人で、10万人あたり10人を初めて割り込みました。かつては「不治の病」として恐れられた結核ですが、遂に、国がめざしてきた「低まん延国」の水準に達しました。


理事長の白須は長年にわたって、結核終焉に向けた活動に取り組んでいます。

折しも、先日のTICAD8で岸田総理は結核を含めた三大感染症に関する取り組みを進めるグローバルファンドに10.8億ドルの拠出を表明したばかりです。

日本はもちろん、世界から結核がなくなる日を目指して、国内外における日本の更なるリーダーシップを期待しています。

(ぽにょ)

posted by resultsjp at 18:11| Comment(1) | 情報

TICAD8プレイベントで得た学びと今後への活かし方

8月22日(月)に開催されたTICAD8プレイベントは、多くの方にご来場いただき、大成功を収めました。当日は幅広い分野、セクターのスピーカーに加え、50か国以上の大使にご参加いただき、大変充実した議論を行うことができました。改めて、皆様に御礼申し上げます。

私が特に印象に残ったことは、パートナーシップの重要性についてです。イベントを通して何度も耳にしたパートナーシップという言葉ですが、いくつかの種類があることに気が付きました。
1つ目はアフリカと日本のパートナーシップについて。味の素ファンデーションの倉島様は、ガーナで何年も続けていた「KOKO Plus」の事業をうまく進ませるために、現地パートナーとの「信頼関係」が鍵であったと仰っていました。
2つ目はアフリカ内でのパートナーシップ。秋田大学からお越しになったボツワナの留学生からは、日本で学位や技術を習得した若者が、自国でリーダーとして活躍することでアフリカの成長につながると期待されていました。また、イベントの中では、アフリカの国と国とが助け合い、アフリカ各国が主体となって国をけん引していくことが期待されるという意見もありました。
3つ目は支援者同士のパートナーシップ。FAOやUNICEFの担当者様からは、各分野に特化した企業や行政との協力が、より効率的で包括的な支援を可能とするとお話いただきました。

私は9月から平和構築・紛争解決学を学びにイギリスへ留学します。
問題解決のためにパートナーシップが大切であるということは当然ながら紛争解決でも同じであり、今後の学習のために大変有意義なイベントであったと思います。
今回のプレイベントを通して学んだ知識は、国際協力の世界では必須な考えであることを理解するとともに、これからも念頭に置きながら大学院の勉学に励もうと思います。
(M)

posted by resultsjp at 00:06| Comment(1) | 情報