2022年09月04日

ケニア:大統領選挙の行方は?

ケニアの大統領選は依然として不透明な状況が続いています。

8月9日投開票のケニア大統領選は、選挙管理委員会が15日に結果を発表し、ルト副大統領(55)が野党指導者オディンガ元首相(77)を下し「勝利した」と宣言されました。

ただ、数字を見ると、ルト氏が50.49%を得票、オディンガ氏は48.85%と大接戦。支持者の乱闘や作業の妨害行為で開票作業も大幅に遅れました。

また、発表直前、選管委員7人のうち副委員長を含む4人が別途、記者会見を開き、開票作業が「不明瞭」なため結果を認めないと断言。これを受けて、オディンガ元首相は22日、最高裁に選挙結果に対し異議を申し立てました。


BBCの報道はこちらを参照:

https://www.bbc.com/japanese/62557909

ロイターの報道はこちらを参照:

https://jp.reuters.com/article/kenya-election-idJPKBN2PS0HO



この申し立てを受け、ケニア最高裁判所は、月曜日にも現在提出されている大統領選挙結果に関する訴えに対し、判決を下す見込みです。

2007年の選挙の際は選挙結果をめぐって、対立候補者の支持者同士が各地で暴動を繰り広げ、1000人以上の死者が出ました。今回は穏便に事が終息することを願っています。

(ぽにょ)

posted by resultsjp at 16:34| Comment(1) | 情報