2022年09月10日

ランセット誌:故安倍元総理と国際保健

最新のランセット誌に故安倍元総理を追悼する記事が掲載されていました。


安倍元総理が、自国の経済と国力強化に尽力したことで知られていますが、持続可能な開発目標(SDGs)や世界の健康安全保障の構成要素としてUHCを唱えるなど、日本の健康へのコミットメントも高めたことを紹介しています。

記事の中では、日本リザルツがお世話になっている東京財団研究主幹の渋谷健司先生が追悼のメッセージを寄せています。渋谷先生は、安倍元総理が2016年のG7伊勢志摩サミットを利用して、同様にグローバルな人間の安全保障を提唱したことを指摘。「西アフリカでエボラ出血熱が発生した直後でしたので、人間の安全保障が大きなテーマでした。マクロ経済や貿易問題など、他にも多くの課題がありましたが、彼はG7でグローバルヘルスや女性の問題を優先的に取り上げることを望んでいました」と

振り返っています。

その上で「安倍元総理は、日本を世界の中でもっと目立たせたいと考えていた。彼は健康を大きな武器として、世界の健康領域で日本の存在を押し上げた」とその功績を称えていらっしゃいました。

こちらから全文がご覧いただけます。

https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(22)01699-3/fulltext?fbclid=IwAR2LEmXSD0xCkRVBLISJ2xUxH9Yu89n7A-ok_ZxNe4p4jB9NOOiU9K-97zo


来年のG7議長国は日本です。安倍元総理のご遺志を受け継いで、力強いメッセージを発信いただけることを期待しています。

(ぽにょ)


posted by resultsjp at 15:36| Comment(1) | 情報