2022年09月21日

国連総会:岸田総理、教育のチャンピオンに

岸田総理は米国時間20日(日本時間21日)、米ニューヨークで開幕した国連総会で演説、し安全保障理事会の常任理事国ロシアのウクライナ侵攻で国連の信頼性が危機に陥っているとして、安保理改革に向けた交渉開始の必要性などを訴えました。


報道はこちらを参照:

https://www.asahi.com/international/reuters/CRWKBN2QM01O.html


特出したいのは、岸田総理が人材育成に力を入れると強調し、自身が「教育チャンピオン」に就任すると発表したことです。
ーーー
TICAD8でも、私は人への投資を重視しつつ、アフリカに今後3年間で官民総額300億ドル規模の資金の投入を行うことを表明したところです。アフリカ以外の世界各地でも、日本は人材育成や能力構築に力を入れます。私は、教育は平和の礎という信念のもと、「教育チャンピオン」に就任し、国連教育変革サミットの成果も踏まえ人づくり協力を進めます。
ーーー
日本リザルツはGPE(教育のためのグローバルパートナーシップ)とも連携をしています。これは力強いメッセージです。


また、日本リザルツがアドボカシーを行っている国際保健分野についての言及もありました。以下、該当箇所の抜粋をご紹介します。

ーーー

新型コロナ・パンデミックは、人々の健康と、疾病から人を守る取組の重要性を示しました。日本はCOVAX等を通じたワクチン関連支援を含め総額50億ドルの新型コロナ対策を進め、グローバルファンドに対し、次の3年間で最大10.8億ドルを新たに拠出することを決定しました。日本は、来年主催するG7に向け、国際保健の枠組み強化や、新型コロナを踏まえた新たな時代のユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)達成にも引き続きリーダーシップを発揮します。

ーーー

全文はこちらを参照:

https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/statement/2022/0920enzetsu.html


今回の国連総会に合わせて、グローバルファンドの増資会合も開かれる予定です。引き続き、どのようなメッセージが発信されるか注視していきたいと思います。

教育チャンピオンの今後の更なる活躍を期待しています。

(ぽにょ)

posted by resultsjp at 15:30| Comment(1) | 情報