2022年10月01日

米国が栄養教育にコミットメント

日本リザルツが力を入れる栄養分野で、おもしろい動きがありました。


928日、米国・バイデン政権が、飢餓、栄養、健康に関するホワイトハウス会議の行動要請の一環として、80億ドル以上の新たなコミットメントを発表しました。

注目すべきは、この中のMedical Education Pledge (医学教育)という部分に栄養教育に関する取り組みが言及されていることです。


医学教育に関するプレッジ:全米医師会、全米ヒスパニック医師会、公衆衛生学校・プログラム協会、全米歯科医師会、ケースウェスタン大学歯学部、全米チェーンドラッグストア協会、子どもの歯の健康協会、全米薬剤師会、アメリカインディアン歯科医学会、アメリカ薬科大学協会などの医療分野の主要団体が、医療専門家の栄養に関する教育を強化するいくつかの新しい行動を取ることを約束する誓約書に署名しました。具体的には、2024年までに、これらの組織は、すべての健康関連分野の専門家養成のための基礎的能力の一つとして栄養教育を強化し、慢性疾患に関するカリキュラムやトレーニングに治療的生活習慣介入の使用を取り入れ、専門家養成プログラムには栄養科学の正式訓練を受けた教育者を少なくとも1人含めるようにし、すべての専門分野で栄養継続教育単位と認定単位維持の数と単位価値を高め、主要およびサブスペシャリティ専門家養成プログラムのボード認定試験問題の少なくとも5%を空腹、栄養、ライフスタイルに関する話題が構成しているようにすることを約束します。


ホワイトハウスのプレスリリース:

https://www.whitehouse.gov/briefing-room/statements-releases/2022/09/28/fact-sheet-the-biden-harris-administration-announces-more-than-8-billion-in-new-commitments-as-part-of-call-to-action-for-white-house-conference-on-hunger-nutrition-and-health/


どうやら英国にも似たような動きがあるようです。引き続き、動向をウォッチしていきます。

(ぴんく)

posted by resultsjp at 11:18| Comment(1) | 情報