2014年08月05日

レイテ島 結核調査報告24(調査結果1)

8週間に及んだレイテ島結核調査の報告書作成が終了しました。今回から数回にわたり、ブログで調査結果の要点をご報告いたします。今回は、フィリピン国における結核対策の概要です。

フィリピンでの結核対策「国家結核プログラム(NTP:National TB Control Program)」は保健省の公衆衛生プログラムの一つで、NTPにおける診断や治療のプロトコールはStop TB Partnershipの地球規模の対策、WHOの政策と結核ケアの国際的スタンダード(ISTC: International Standards on TB Care)と一致しています。NTPは保健省や地方行政局だけでなく、健康保険公社や国際機関をも巻き込んで協働しています。

地方分権化が非常に進んでいるフィリピンでは、国、地域、町/市、村それぞれのレベルでの結核管理やその実施者が決められており、結核の診断や治療は公・私立の保健施設だけでなく、薬局、刑務所、学校、軍病院、研究所と総力を挙げて結核対策を実施しています。

DOTS(Directly Observed Therapy Shortcourse)は1996年より開始し、DOTSの基本的な5要素である、1)喀痰顕微鏡検査の質の確保、2)抗結核薬の不断の供給、3)管理下における結核治療、4)患者とプログラムのモニタリング、5)行政の関与、に関しては2006年から2010年の国家結核対策(WHO承認のStop TB strategy)に組み込まれました。その後保健省は2010年に「2010−2016フィリピン国家結核管理計画(2010-2016 Philippine Plan of Action to Control TB (PhilPACT))を制定、以下の8点が重要戦略として述べられています。
1.公私協働でのDOTS実施(Public-Private mix DOTS)
2.病院におけるTB-DOTS強化(Enhanced hospital TB-DOTS)
3.薬剤耐性結核のプログラムを通した管理(Programmatic management of DR-TB)
4.結核とHIV/AIDS二重感染に対する諸活動(TB HIV/AIDS collaborative activities)
5.刑務所における結核(TB in prison)
6.TB-DOTS認証、認定(TB-DOTS certification and accreditation)
7.結核臨床検査センターの増設(Expansion of TB laboratory services)
8.コミュニティでの結核ケア(Community TB care)

さて、このPhilACT、「2016年までに結核の死亡率と罹患率が1990年当時より半減する」ことをゴールに定め、そのゴール達成のためのターゲットが以下の4つです。

1.症例発見率、全ての型(Case detection rate, all forms):90%
2.治癒成功率、全ての型(Treatment success rate, all forms):90%
3.多剤耐性結核の報告率(Notification rate of MDR-TB):報告された全結核症例のうち、推定多剤耐性結核症例が40%
4.多剤耐性結核の治癒成功率(Treatment success rate of MDR-TB cases):75%

今回は、NTPの簡単なご紹介をさせて頂きました。
次回以降、調査対象地域におけるNTP(PhilACTも含め)の実施状況をご報告いたします。(wku)

posted by resultsjp at 05:14| Comment(2) | フィリピン
この記事へのコメント
地道な努力、頭が下がります。結核のない世界に尽力を
Posted by 白雪姫 at 2014年08月05日 08:50
フィリピンの結核対策がよくまとまっていて分かり易いです!
Posted by 兎 at 2014年08月05日 17:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]