2014年10月13日

世界の結核ワクチン研究開発推進組織アエラス来日

10月6日〜9日にかけて、世界の結核ワクチン開発を推進する国際的NPOのAeras(アエラス)の方々が来日されました。

来日されたのは3名。
前臨床試験を総括する副会長のバリー・ウォーカー博士
総務担当の副会長のケビン・スライ氏
アジア事務所長のシャロン・チャン博士

Aerasと経鼻噴霧型の新規結核ワクチンを共同開発を行う医薬基盤研究所の保富康宏先生、ストップ結核パートナーシップ日本(STBJ)の金子洋常任理事とともに、STBJ代表理事でもある白須紀子とリザルツスタッフは各所を訪問しました。

ストップ結核パートナーシップ推進議員連盟の各先生方を訪問し、結核ワクチンをはじめとする結核研究開発の重要性、継続的支援の必要性についてお話しました。 

DSC00376.JPG
ストップ結核パートナーシップ推進議員連盟 副会長
古屋範子衆議院議員

DSC00382.JPG
ストップ結核パートナーシップ推進議員連盟 副会長
郡和子衆議院議員

DSC00412.JPG
ストップ結核パートナーシップ推進議員連盟 副会長
高階恵美子参議院議員
厚生労働大臣政務官でもいらっしゃいます。

DSC00406.JPG
ストップ結核パートナーシップ推進議員連盟 事務局次長
橋本岳衆議院議員
橋本先生も厚生労働大臣政務官です。

さらに、厚生労働省の国際課、結核感染症課も訪問し、ご担当の皆様と世界の結核ワクチン開発についてなどの意見交換をされました。
DSC00414.JPG
DSC00416.JPG

空き時間には、リザルツオフィスにも。
DSC00393.JPG

エボラ出血熱やデング熱の話題も各所で挙がり、感染症への関心がこれまで以上に高まっています。
結核で命を落とす人はいまだ世界全体で年間130万人いますが、治療や予防で命が救われた人もたくさんいます。
結核で命を落とす人がいなくなるようにするには、結核研究開発を進めることも重要です。
posted by resultsjp at 23:25| Comment(3) | ストップ結核アクション
この記事へのコメント
結核のない世界へ!!
Posted by 白雪姫 at 2014年10月14日 01:11
感染症に手抜きは許されない。
Posted by はる at 2014年10月14日 10:33
切れ目のない結核のアドボカシーですね。
Posted by 蒲生氏郷 at 2014年10月14日 16:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]