2015年01月16日

マイクロファイナンス活動調査のために訪問者が続々と

今月に入ってから、マイクロファイナンス関係で早速、日本リザルツオフィスにも多くの方が訪れるようになりました。

一人目は明治大学の小関隆志準教授です。1月9日にオフィスにお越しになりました。小関先生は、2011年から今年まで先進国のマイクロファイナンスを研究するプロジェクトがあり、アメリカや韓国などにも長期滞在して調査活動を行っていたそうです。
日本においても福祉貸付の問題点など細かいことにまで精通しており、調査に回答するはずだったのに、逆にこちらから伺うことの方が多い面談になってしまいました。

次に昨日1月15日に、日本NPOセンターの今田克司常務理事と椎野修平特別研究員がくにたちマイクロファイナンスのことを聞きたいということで来訪され、当団体の鈴木裕子と戸木真吾と一緒に応対させていただきました。
実はとある金融機関が日本での金融包摂(きんゆうほうせつ、あらゆる人々へ適切な金融サービスが行き渡ること)の可能性について色々と調査しているようです。小関先生も含めて一連のご来訪の背景にはそのような事情も一端としてあるようでした。

小関先生も、今田さんご一行も日本の貧困格差が拡大する中で福祉型アプローチを重視するくにたちマイクロファイナンスの方向性についてはすぐにニーズなどを理解して下さいました。また今田さんは面談の最後にら、今後の発展に寄与できるように依頼元に内容をご報告すると爽やかに語ってくれました。先行きが楽しみです。

ところで、この度、黒崎先生経由でマイクロファイナンスのことを一橋大学の修士課程で勉強している長山紗己さんが昨年末に新たにインターンとして加わっていただくことになりました。早速、今週から業務を手伝ってくれています。

いよいよ勝負のときがきました。さまざまなかたちで注目され、サポートもいただいている中、ぜひ早く実現させるために頑張って参ります。

当方の説明に熱心に聞き入る今田さんと椎野さん
DSCN7369.JPG
(和邇)

posted by resultsjp at 10:22| Comment(1) | マイクロファイナンス
この記事へのコメント
国立プロジェクトの始動に期待してます。
Posted by 白雪姫 at 2015年01月17日 10:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]