2015年01月23日

松本洋平先生とカスタマーデライトのお話

1月22日、松本洋平先生に「くにたちマイクロファイナンス」の件でお話をきいていただくため、内閣府大臣政務官室をお訪ねしました。鰐部、戸木、鈴木の3名で伺いましたが、3人とも初めて内閣府の建物に入りました。(お向かいなのですが「近くて遠い」存在でした。)
内閣府大臣政務官室までは、冷たい雨がそぼ降る中、政策秘書の村田正司様と、大智志様がご案内くださいました。
お話の内容については、鰐部の方からご報告させていただくことと思いますので、私からは少し違う視点でご報告いたします。

日本リザルツの職員になるまで、私は長く接遇に関わる仕事に携わってきました。その中で、カスタマー・サティスファクション(顧客満足)でよしとせず、それを超えるカスタマー・デライト(顧客感動)を目指すよう指導され、後進にも何が顧客感動につながるかを指導してきましたが、松本先生のご対応はいつも、想像を超えており、私たち国民が感動を覚える、まさしくカスタマー・デライト体験を与えてくださいます。ホスピタリティ精神にあふれる方なのです。しかも自然な振る舞いでおできになります。
DSC00898.JPG
昨日も、「くにたちマイクロファイナンス」の導入について国立市長とお話しくださるほか、「国としても何かできないか考えてみる」とまでおっしゃってくださいました。
とても清々しい気持ちで帰路についた3人でした。(鈴木)
posted by resultsjp at 18:56| Comment(2) | マイクロファイナンス
この記事へのコメント
わたし達も動かないと何も変わらないですね。
Posted by 白雪姫 at 2015年01月23日 20:48
この貴重な面談を活かしていきたいです。
Posted by 男体山 at 2015年01月31日 11:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]