2015年03月27日

マイクロファイナンス活動/金融組織の立ち上げについて

マイクロファイナンス活動の近況報告です。

NPO設立にようやく目処がつく中で、目下、喫緊の課題の一つとして、金融組織の立ち上げが挙げられます。

金融組織を立ち上げるには、法律上、貸付業務の経験がある人や特殊な資格を持った人が組織に加わる必要があります。貸金業法という法律がこのような手続きを制定しています。
この法律に向き合うと、日本では何か新しい事業を少しでも始めるときに、実に多くの規制に引っ掛かり、超えていかなければならないことに改めて気付かされます。
規制が存在する理由は過去の事件や問題となった背景があることは間違いありません。

例えば貸金業法では、過去、消費者ローン業が全盛だったころ、貸出競争が過熱化し、多くの利用者が多重債務者に陥り、深刻な社会問題となりました。
そのため、2010年に総量規制というものが導入されました。この規制で年収の1/3を超える借入はできなくなることが制定されました。貸金業者も、適用除外になるケース以外は、常にこの総量規制を念頭に入れて業務を遂行しなくてはならないことになりました。

昨年、BRACで研修を受けていたときも、金融教育や多重債務のチェックなどについて、マイクロファイナンスの現場担当者はかなり気を使っていましたが、規制の話は聞かず、かなり自由に顧客と取引したり、新商品を開発していました。

総量規制がいけないなどと全く考えていませんが、やはり日本では、あらゆるところで規制は縦横に張り巡らされていて、小さな組織が何かを始めることの難しさを実感しています。

とは言え、全く道が閉ざされている訳ではありません。
ある意味では途上国でフリーハンドになっている状態はやがて日本のようにルール化されていく方向なのかもしれません。同じ人間がやっていることですから。
もしこのような仮説が正しいのなら、むしろ将来、他国で展開する上でとても貴重な経験と蓄積を、今しているということになります。

そう信じて業務に励む今日この頃です。

貸金業登録の申請手続き。書類がいっぱーい。
DSC01160.JPG

そんな中、ふと外を見ると首相官邸前の桜が芽を育んでいます。春がもうそこにまで来ていますね。
DSC01161.JPG
(和邇)


posted by resultsjp at 11:36| Comment(2) | マイクロファイナンス
この記事へのコメント
日本の改善すべき点は、目的を達成できるように政策・規制や仕組みを考える他国にくらべ、既存の仕組みを基本に考えることです。ご苦労分かります。立ち向かっていきませんか?
Posted by 日本を良くしよう隊 at 2015年03月29日 08:52
今設立のタイミングです。
Posted by 白雪姫 at 2015年03月29日 09:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]