2015年03月28日

3月24日 世界結核デー

3月24日は世界結核デーでした。

昨年10月にバルセロナで開催された”世界結核議員連盟”の初会合で出された「バルセロナ宣言」に、世界各国の国会議員が賛同し、署名を寄せました。

世界の結核対策を各国の政治的優先課題として、それぞれの国が積極的に取り組む意志を示した宣言文です。

結核は歴史的に最も多くの人の命を奪ってきた恐ろしい感染症で、いまだ年間150万人が結核で亡くなっています。薬剤耐性結核の問題も深刻になっています。

こうした状況に対応するためにも、より効果的なワクチンや新たな治療薬の開発、結核診断法の開発、普及、各国のヘルスケアシステムへの結核対策統合を推進することが謳われています。
結核対策が世界各国の政治的優先課題となるよう、WHO、ストップ結核パートナーシップなどの公的国際機関、各国のNGOなどと協同するため、世界結核議員連盟(Global TB Caucus)を設立するという宣言です。

米国、フランス、インド、ブラジル、ケニア、南アフリカなど、世界の20カ国以上が参加し、日本の結核議連の先生方も参加しています。

今年1月に沖縄で開催された「第二回日経アジア感染症会議」でも、日本が官民を挙げて結核の診断(LAMP法等)、治療薬(デラマニド等)、ワクチンなどの開発・普及に取り組んでいくステートメントが発表されています。
ステートメントは下記よりお読みいただけます。
http://ac.nikkeibp.co.jp/bio/okinawa2015/pdf/OkinawaCommunicableDiseasesStatement2015.pdf

日本発のさまざまな結核の技術革新が続いています。
世界の結核根絶のために、ますます新しい展開が進めるべく、リザルツも引き続き応援していきます。

目
posted by resultsjp at 16:21| Comment(2) | ストップ結核アクション
この記事へのコメント
リザルツさん、この関係の活動頑張ってますよね。あっぱれです。応援してます。
Posted by サポーター at 2015年03月29日 08:57
忘れてはならない疾病です。
Posted by 白雪姫 at 2015年03月29日 09:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]