2015年08月21日

第122回 GII/IDI懇談会に関する外務省/NGO懇談会

8月20日(木)、外務省にて定例のGII/IDIに関する懇談会に参加しました。先日、厚生労働省から外務省国際保健政策室長に着任された日下栄司・新室長の着任挨拶、9月国連総会UHCサイドイベント、栄養に関する動き、来年G7伊勢志摩サミットまでの国際会議日程、そして現在政府内にて策定中の「国際保健政策2016-2020」について、情報共有と意見交換を行いました。

着任された外務省日下室長より、「来年のG7サミットに向けて頑張っていきたい。新保健政策は検討中であるが、NGOの意見をなるべく取り入れていきたい」と抱負を述べられました。

また9月国連総会ウィークにおける日本政府、グローバルファンド共催のUHCイベントについては、SDGsサミットに向けて人間の安全保障やUHCの重要性について各国より支持を得られる内容としたいとの説明がありました。

「国際保健政策2016-2020」については、日下室長より各NGOの提言書やコメントをどのように反映したかについて丁寧に説明があり、現在政府内での最終調整を行っているところとの報告がありましたので、NGO各位も関心をもってその動向を見守っているところです。

栄養に関しては、日本リザルツ大崎より、7月1日に国際母子栄養改善議員連盟の設立総会の報告をしましたので、別記事にてご覧ください(高木)。
posted by resultsjp at 16:18| Comment(2) | リサーチ&アドボカシー
この記事へのコメント
外務省、厚労省ともによろしくお願いいたします。
Posted by 白雪姫 at 2015年08月22日 04:02
新たな国際保健政策、どのようなものになるのでしょうか。気になりますね。
Posted by 白虎 at 2015年08月22日 20:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]