2015年09月11日

G7保健ネットワーク会合の第1回ミーティング

賢島.png

9月7日(月)、G7保健ネットワーク会合の第1回ミーティングがあり、日本リザルツも参加しました。来年5月に開催されるG7伊勢志摩サミットに向けて、日本のNGOも準備を進めつつありますが、国際保健分野で活動するNGOネットワークが立ち上げられ、事務局はジョイセフさんが務めています(ありがとうございます)。

参加団体は現時点でジョイセフ、アフリカ日本協議会、HANDS、マラリア・ノーモアジャパン、ストップ結核パートナーシップ日本、ワールド・ビジョン・ジャパン、セイブザチルドレン、日本リザルツの8団体です。

会合では、2008年G8北海道洞爺湖サミットにおけるNGOの活動経験や過去のコミットメント、プロセスを振り返りつつ、今回のサミットでは何を目標とするか等、今後の活動の焦点とイメージを皆さんで議論しました。

保健分野を含む日本のODA増額、SDGs達成に向けたコミットメント(SDGsができて初めてのサミットとなる)、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジやヘルス・ガバナンスにおける市民社会の役割等に関して、意見を発信していく必要性を共有できたと思います。

20150609171712.jpg

既に政府は国際メディアセンターを三重県営サンアリーナに設置することを発表しました。サミット主会場の賢島から約20キロの距離だそうですが、日本はもちろん、世界各国のNGOもここに集まることになります。

また、官邸ホームページではサミットのロゴを募集しています(また盗作問題が起きないといいですね)。

(2008年の参考資料)
「2008年G8サミットNGOフォーラム報告書」(JANIC)
「サバイバル・キット 国際保健とG8」(アフリカ日本協議会)
(高木)
この記事へのコメント
やりましょう!みんなで
Posted by 白雪姫 at 2015年09月11日 18:31
実りあるサミットにするため、NGOからも積極的に意見を発信していきたいですね。
Posted by 白虎 at 2015年09月14日 19:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]