2016年04月18日

薬が効かない結核!?多剤耐性(MDR)結核について

皆さん、こんにちは。
4月16日、医療現場で抗菌薬(抗生物質)が効かない薬剤耐性菌が増えている問題を話し合うアジア・太平洋地域の閣僚級会談が、東京で初めて開かれました。
0160416at98_p.jpg
【写真】時事ドットコムニュース

そんなわけで、今日は結核の薬剤耐性菌問題、「多剤耐性(MDR)結核」にスポットを当てようと思います。
(結核についてのおさらいはコチラから)


●多剤耐性結核とは?

結核の治療薬に対して、結核菌に抵抗性がついてしまうことです。
こうなると薬が効かなくなってしまい、治療が困難になります。

現在の結核の標準的な治療は、抗結核薬のうちの2〜4剤を使った6ヶ月間の多剤併用療法です。

標準療法に使用される抗結核薬のうち、最重要な『イソニアジド』と『リファンピシン』という、2つの薬剤に同時に耐性を持つ結核菌を「多剤耐性結核菌」と言います。



●多剤耐性結核に罹るとどうなるのか…

多剤耐性結核に罹ると、化学療法による治癒が非常に困難になります。
これを治療するには、フルオロキノロンや注射薬などを含めて5種類以上の薬が必要となります。
日本の結核全体の治癒率は80%以上ですが、多剤耐性結核では外科療法した例を含めても治癒率は50%程度になってしまいます。
治療期間も通常の結核の6ヶ月間に対し、多剤耐性結核は【約2年間】を要するそうです。



●世界中で深刻な問題に…

世界的に見て、最近この多剤耐性結核が増加しており、結核の増加を考える上でとても深刻な問題になっています。
もちろん、日本でも決して油断はできません(引用:大塚製薬HPより)。
page07_ol_v10_23.gif


世界中で多剤耐性結核の患者は、毎年45万人が発生し、17万人が死亡しています。



●多剤耐性結核が生まれる背景

多剤耐性結核が生まれる背景には、次のようなものがあります。

・十分な治療を受けられないケース
・薬剤の服用が不規則であったり、途中で中断してしまうケース

不適切な治療により、体内で生き残った菌が遺伝子変異を起こして耐性化するケースがほとんどです。


●もっと恐ろしい事態も…

以上の事態に加えて、フルオロキノロンと注射二次薬(カプレオマイシン、アミカシン、カナマイシン)の少なくとも一つに耐性を持つ結核菌を、超多剤耐性結核菌又は広範囲薬剤耐性結核菌(XDR-TB)と言います。
こうなると、化学療法は事実上不可能で、治癒率は30%程度まで下がってしまいます。



●治療法「DOTS」について

そんな中、WHOは治療薬を確実に患者さんに服用してもらうためにDOTSという
治療システムを推進しています。

DOTSとは、

D…Direct
O…Observed
T…Treatment
S…Short-Course

の略で、日本語では「直接監視下短期化学療法」と呼ばれ、医療従事者が直接患者さんに薬を手渡し、目の前で服用を見届けるという治療方式です。

1989年にWHOの結核対策課長であった古知新博士が取りまとめ、広がりました。

日本では「感染症法」で「患者が規則的に服薬を完遂するように保健所と主治医が連携して患者を支援すること」も規定されています。

完治するまでちゃんと薬を続けるというのは、なかなか難しいことです、

皆で協力して治療していく仕組みは素晴らしいですね。


では、もっと結核の国の取り組みについて詳しく知りたい方はコチラ↓↓から。

改定版ストップ結核ジャパンアクションプラン

また有益な結核情報をお届けできるようにがんばります。

(いけのり)
posted by resultsjp at 09:47| Comment(2) | ストップ結核アクション
この記事へのコメント
復習してます。ありがとう!
Posted by 白雪姫 at 2016年04月19日 04:19
渋谷の集団感染も怖かったですね
Posted by スタイリー at 2016年04月19日 10:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]