2016年05月11日

親子断絶防止 議員連盟総会

「離婚と親子の相談室 らぽーる」で日々ご相談を承っていても、ADRのお呼出状をお送りしていても、いつも思っていたことは「別居・離婚後、離れて暮らす親と子の面会交流を担保する法的な枠組みがあれば、もう一歩踏み込んだ対応もできるし、ADRも利用価値が高まるのに…」ということでした。
それが、昨日、このようなニュースが日本を駆け巡りました。
http://www.at-s.com/news/article/politics/shizuoka/239261.html?page=2
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160510-00000109-jij-pol
http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ5B4QF0J5BUTFK005.html           
真っ暗だったトンネルも、遠くに小さな、でも眩いばかりの強い光が見えて出口を示し始めた、そんな感じでしょうか。
議員連盟の先生方と、ご理解、ご協力くださいました皆さまに心より感謝いたします。あともうちょっと、どうぞよろしくお願いいたします。


そして、先日のこちらのブログの↓(日本では画期的な「フレンドリーペアレント ルール」を採用した判決)
http://resultsjp.sblo.jp/article/174728862.html
その父親の寄稿が記事になっています。↓
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160510-00010000-seijiyama-soci

締めくくりの言葉が素晴らしいので、こちらに貼り付けます。
------------------------------------------------------
今回の私の判決のように、民法766条の改正趣旨に従い適切な判決が下されるだけで、多くの親子が救われます。また、これから起こりうる子どもの連れ去りや引き離しも未然に防げます。将来にわたり多くの命を救うことにもなります。ぜひ、そのように裁判所の運用が一刻も早く変わることを願います。

同時に、社会の「常識」も変わっていってほしいと思います。夫婦の別れが親子の別れになってはいけません。離婚は仕方がない場合でも、できる限り、そのしわ寄せを子どもにいかせない努力が必要なのだと思います。ぜひ、私のこの判決を「子の利益」とは何なのかを考える契機にしていただければと思います。
-------------------------------------------------------
ご自身の人生を左右するほどの裁判ですが、この父親はご自分だけでなく、両親の離婚に直面するすべての子どもと、ご自分と同じような境遇の親たちが救われることを考えておられるところを、心から尊敬いたします。(S)



posted by resultsjp at 12:07| Comment(2) | 親子断絶防止
この記事へのコメント
努力の積み重ねですね。
Posted by 白雪姫 at 2016年05月11日 16:09
みんなが幸せな状態がいいですね
Posted by いけのり at 2016年05月12日 08:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]