2016年08月17日

海外渡航のための予防接種。治療より予防!

皆様、こんにちは。

image.jpeg

第6回アフリカ開発会議、TICAD Y (8月27,28日開催)が、近付いて来ています。

今年はケニアでの開催ということで、リザルツからも関連イベントへの参加のため、数名がケニア入りの予定です。

そのため先々週、ケニアに行く予定のメンバーが予防接種を受けに行っていました。(そして、若干熱っぽくなっていました…)

受けたのは、黄熱病とA型肝炎の予防接種です。

二つとも感染すると死に至ることもある恐ろしい感染症のため、感染しないように予防接種が義務付けられています。かからないように事前に備えることが、とても大切なのです。

予防接種の重要性は以前「シリーズGaviを知るB-ワクチンに投資する理由-」にもまとめているのですが、「治療」より「予防」により力を注ぐ方が、結果的に様々なコストが低くなります。

今、声高に叫ばれている「UHCの実現」のためにも、世界中の誰一人として取り残さない予防接種の実施がなされるよう、今後もアドボカシー活動をがんばります。



ちなみに海外渡航の際、必要な予防接種情報はこちらです。

海外渡航のためのワクチン(厚生労働省検疫所)


有意義なTICADになりますように。

(いけのり)
posted by resultsjp at 21:05| Comment(2) | 情報
この記事へのコメント
インフルエンザワクチンでいつも熱が出ます
Posted by なまはげ at 2016年08月17日 22:18
勉強になりました!
でも、注射は嫌いです
Posted by めがね at 2016年08月18日 15:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]