2016年09月02日

[報告]栄養アドボカシー会議(9月2日)

栄養アドボカシー会議が日本リザルツオフィスにて開かれ、NGO関係者などが集まり、栄養政策のアドボカシー戦略について、闊達な協議が繰り広げられました。

無題.png

まずは、先週開催されたTICAD Yについて日本リザルツから報告が行われました。
冒頭では、ケニアのTICAD Yサイドイベントで大好評だった日本リザルツ代表、白須のスピーチがお披露目されました。
無題7.png
ケニア同様、拍手喝采!でした。

続いて秘書の佐保が、TICAD Yの報告を行い、G7 シチリアサミットで栄養のプレッジ会合が開催されるよう要望されていたことや、安倍首相の基調講演で「食と健康のアフリカ・イニシアティブ(IFNA)」が触れられていたことなどを紹介しました。

詳しい会議の内容はこちら。
TICAD Y サイドイベント@Sarova Panafric Hotel 【Part 1】
http://resultsjp.sblo.jp/article/176666283.html
TICAD Y サイドイベント@Sarova Panafric Hotel 【Part 2】
http://resultsjp.sblo.jp/article/176669814.html
TICAD Y サイドイベント@Sarova Panafric Hotel 【Part 3】
http://resultsjp.sblo.jp/article/176677698.html

また、日本リザルツ主催で行ったNGOの意見交換会の様子も紹介され、IFNA立ち上げに際し、NGOが連携することの重要性が示されていました。

詳しい意見交換会の様子はこちら。
TICAD Y 意見交換会@Sarova Panafric Hotel
http://resultsjp.sblo.jp/article/176678132.html

その後、効果的な栄養アドボカシーを行うため、どのような戦略を練ればいいのか議論が繰り広げられました。出席者からは、それぞれの専門知識や経験を基にさまざまなアイデアが出されていました。

TICAD Yで掲げられた主要政策の1つに栄養改善が入ったこともあり、栄養への関心が高まっています。
今後、栄養関連の開発プロジェクトをどのように具体化できるか、官、民、そして日本リザルツを含めたNGOが一丸となって、取り組んでいきたいですね。

TICAD Yの主要政策についてはこちらの記事を参照。
【ニュース】アフリカ地熱開発を支援 政府、技術・資金供与(8/20日経)
http://resultsjp.sblo.jp/article/176574041.html
(長介)
posted by resultsjp at 19:56| Comment(2) | 情報
この記事へのコメント
本当にわかりやすいブログ。いいねぇ
Posted by 白雪姫 at 2016年09月02日 20:23
一に栄養二に栄養!
Posted by なまはげ at 2016年09月05日 08:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]