2016年09月22日

旅便りvol3@ケニア Essumba特集A

皆さま、こんにちは。
近くのマーケットでTシャツ買いました。200Ksh(=200円)でした。白石です。

毎晩、宿でインドの方と一緒にチャパティを作ってます。インドでも一般的な家庭料理らしく、カレーにつけるナンより、薄くパリパリです。

ケニアではこれでチキンやグリーンと言われる野菜(英語でいうケール、あの青汁の材料です)を巻いて食べています。どのローカル食堂に行っても、ウガリorチャパティorライス?と聞かれます。

Screen Shot 2016-09-22 at 12.43.58.png
散髪するEdward

今回は前回同様、Essumba特集です。
やっぱり凧揚げは楽しいものでした...。

===

Essumba Primary Schoolは、6歳から14歳までの8学年、学年毎のバラツキはあるものの、概ね100名程度。在籍人数は800名を超えています。しかし、教室は12個。8教室を構える旧校舎と、とってつけたような4教室、綺麗な新校舎があります。この新校舎はケニア国内のNGOによって数年前に建設されました。しかし、その新校舎も維持がされていなく、黒板が剥がれ、床も剥がれかけていました。

Screen Shot 2016-09-22 at 12.39.49.png

Screen Shot 2016-09-22 at 12.40.28.png

この学校では、給食などはなく12:40になると、子どもたちがそれぞれの家へ走っていきます。校庭にはウォータータンクが設置されていますが、1つしかなく決して十分ではありません。

Edwardとともに校長先生と1時間ほどお話をし、どんな状況で、どんな問題があるのか。深く理解したつもりです。

その上で、1番の問題点。それはネパールの山奥の学校と同様に、ペンとノートがないこと。
校長先生は5人に1人は、ペン、ノートを持っておらず、学校にきて、先生たちの話を聞くだけ。(日本の大学と重なる部分があると感じました。)それでは意味がない、とおっしゃっていました。

その後、ルアンダに大きな倉庫を構え、3つのスマートフォンを駆使し、3人と同時に通話する、インド人大商人からペンとノートを100個ずつ購入し、寄付いたしました。

Screen Shot 2016-09-22 at 12.43.46.png

Screen Shot 2016-09-22 at 12.47.02.png

そして、寄付したその日、少しだけお時間をいただき7年生と8年生とともに凧揚げ大会を開催しました。
15個しかない凧をみんなで取り合いになり、校長先生に怒られる場面もありました。

Screen Shot 2016-09-21 at 09.38.45.png

Screen Shot 2016-09-22 at 12.53.33.png

Screen Shot 2016-09-22 at 12.55.51.png

Screen Shot 2016-09-22 at 12.55.08.png

30分と限られた時間でしたが、校長先生も「やらせてくれ」と広い校庭を走り回っていました。
誰でも、楽しめてしまう。魔法のようでした。

===

これまで書き連ねてきたEssumbaでの出来事。どう感じましたでしょうか。

私が日本にいるときから感じていた。世界の不条理であるとか、幸せの定義であるとか、ボランティアの本質であるとか。答えはすべて素直で、まっすぐなEssumbaの人たちに教えていただきました。
さらに、大きな宿題をいただきました。
それが今あるモヤモヤの正体です。

Edwardには、大きな夢があります。
「私が、この世界を変えることはできないかもしれない。でも、このEssumbaに住む人たちが、ただ友達と一緒にいてわらい、好きな異性と一緒にいて、子どもたちの顔をみて、朝の大気の中を歩き、陽光や風に身体をさらす。そんな当たり前が当たり前になってほしい。」

私ができること、考えます。(白石)
Screen Shot 2016-09-22 at 12.53.47.png
posted by resultsjp at 19:13| Comment(2) | 情報
この記事へのコメント
どんどん状況を知らせてください。こちらも考えます。
Posted by 白雪姫 at 2016年09月22日 20:04
小田実みたいに「何でもみてやろう」がかけそう!
Posted by せつこ at 2016年09月22日 21:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]