2016年09月29日

CHVトレーニング for GichagiA CU【三日目】

本日は小雨。最近天気がぐずついて冷え込む日が多いと思ったら、ナイロビでは10〜11月は小雨季に当たるそうです。(大雨季は3〜5月)。

IMG_2111.JPG

さて、今日はGichagi Aのトレーニング最終日です。

IMG_2124.JPG
IMG_2122.JPG
昨日に続き、ワークショップを行いました。
テーマは「結核患者の家を何度も訪れ、記録を続けることはどうして大切なのか?」

・継続的に薬を取りにいくよう指導し、治療を成功させるため
・周りの家族にも感染・発症していないか確認するため
・カンゲミ全体の結核患者の分布を知るため
・政府やNGOに記録を報告し、結核に関する統計や政策を実現するため

などの意見が出ました。自分たちの活動の意義を再確認できるこのようなワークショップは、CHVのモチベーションを保つ上でもとても大切です。

IMG_2178.JPG
IMG_2201.JPG
お昼にはCHV全員でカンゲミ・ヘルスセンターを訪問しました。クリニックのドクターが様々なツールを紹介しながら、結核患者が見つかった時のクリニックへの紹介(Refer)方法や、接触者調査(Contact Tracing)、治療中断者調査(Defaulter Tracing)について説明します。

IMG_2190.JPG
こちらは結核患者に関するすべての情報が記録されるカード。外部に絶対に流出することがないよう、クリニックで厳重に保管されています。
ドクターから説明を聞いて活動の具体的なイメージがわいたのか、「担当区域で結核患者を見つけたときも、ここのクリニックを紹介しても良いのか」など、CHVの方々から様々な質問が飛び出しました。

IMG_2266.JPG
会場に戻って講義の続きを受けた後は、初日に行った結核テストを再度行いました。Centralのときは大幅な得点アップでしたが、今回はどうでしょうか。

IMG_3209.JPG
なんと、100点が6人も出ました!!Gichagi Aはプレテストの段階から高得点者が多かったようですが、それにしても20人中6人は凄いです。満点を取ったCHVは名前が呼ばれ、拍手が送られました。

IMG_2294.JPG
そして最後に、グループごとにアクションプランの作成を行いました。活動、責任者、リソース、タイムフレーム、指標にカテゴリー分けをして、今後どのように活動をすすめていくかを考えます。

IMG_2296.JPG
IMG_3204.JPG
結核に関するパンフレットなどを住民に配布する、結核クリニックの看護師やドクターとミーティングの場を設ける、学校でヘルス・トークを行うなど、様々なアイディアが出ました。

IMG_3237.JPG
丸一日使って3日間連続でトレーニングを行い、講師もCHVも大変だったとは思いますが、今回も非常に充実した中身の濃いものになりました。
これで、全4回の研修もようやく折り返し地点。来週は、Gichagi Bのトレーニングです!
猟犬
posted by resultsjp at 20:14| Comment(2) | ケニア
この記事へのコメント
100点凄い!知識が身に付いたみたいでよかったですね
Posted by せつこ at 2016年09月30日 07:40
これからですね!ファイト!
Posted by なまはげ at 2016年09月30日 09:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]