2016年11月18日

第五回国際母子栄養改善議員連盟

本日、衆議院第一議員会館の国際会議室にて、『第五回国際母子栄養改善議員連盟』が開催されました。、国会議員の先生や省庁、国際機関、企業、NGO等、栄養改善に関心のある方々が100名以上(議員関係者約30名)参加し、今回も盛り上がりました。

全体.JPG
会場は、世界の栄養改善という議題にふさわしい“国際会議室”でした。

山東先生.JPG
国際母子栄養改善議員連盟会長 山東 昭子 参議院議員からのご挨拶。

逢沢先生.JPG
今回は、8月の議連で承認された「国際栄養課題に関する国家戦略(案)」を、議連副会長の逢沢 一郎衆議院議員より、柴山 昌彦内閣総理大臣補佐官へ提出されました!

今井先生.JPG
司会を務められたのは、本議連の事務局次長 今井 絵理子 参議院議員。栄養のチャンピオンとして活躍されています。

日下さん.JPG
外務省より国際協力局国際保健政策室長 日下氏よりTICAD VIとG7伊勢・志摩サミットのフォローアップ会合のご報告がありました。今年、日本はG7サミットの議長国、TICAD VIの主催国と保健・栄養分野におけるイベントが盛りだくさんでした。

榎本さん.JPG
続いて、国際協力機構(JICA)上級審議役 榎本氏よりIFNA(Initiative for Food and Nutrition Security in Africa)の進捗についてご説明がありました。重点対象国候補の10か国(ブルキナファソ、エチオピア、ガーナ、ケニア、マダガスカル、マラウィ、モザンビーク、ナイジェリア、セネガル、スーダン)が決まり、ベースライン調査の実施を予定しているそうです。

丸山さん.JPG
農林水産省より大臣官房審議官兼食料産業局 丸山氏からは、TICAD VIにおける農林水産省主催のサイドイベントと官民連携の「栄養改善事業推進プラットフォーム」について、ご報告がありました。栄養改善事業推進プラットフォームが発足され、職場の栄養食に関する第1弾のプロジェクトが始動しています。

三村さん.JPG
財務省国際局開発政策課長 三村氏より、SUN(Scaling Up Nutrition)信託基金への2千万ドル拠出について進捗のご報告。日本は、SUN信託基金のシングルドナーです。アフリカ、アジア、中南米などの国や地域で技術支援を行っています。2016年は、栄養不良対策に関する政策提言やデータ収集等の活動を実施するフェーズ2です。栄養改善の動きが加速すると良いですね。

吉田さん.JPG
栄養改善に関する企業の事例として、ニプロ株式会社取締役 吉田氏より“栄養状態を把握できる検査薬”についてご紹介がありました。医療設備が充実していない現場でも、すぐに診断できるそうです。

佐保.JPG
大野さん.JPG
今西さん.JPG
NGOからの報告として、日本リザルツとセーブ・ザ・チルドレン・ジャパン、ワールド・ビジョン・ジャパンが発表しました。栄養問題に実際に取り組むためには、資金が必要です。日本が栄養分野でリーダーシップを発揮し、国際的なプレッジ会合が来年開かれることへの期待を発表しました。

羽生田先生.JPG
羽生田 俊 参議院議員。

松本先生.JPG
議連副会長の松本 剛明 衆議院議員。

木村先生.JPG
UNICEF東京事務所の木村代表。

全体2.JPG

白須さん.JPG



(Saho)
posted by resultsjp at 15:11| Comment(3) | 栄養問題
この記事へのコメント
今井先生、栄養のチャンピオンなのですね。
Posted by SUN at 2016年11月18日 15:41
ゴージャスな会場ですね
Posted by せつこ at 2016年11月18日 16:06
栄養!盛り上がってますね!
Posted by なまはげ at 2016年11月18日 16:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]