2016年11月25日

旅便りvol13 Essumba特集H

皆さま、こんにちは。
ナイロビからエスンバへ戻りました。白石です。

SDIM1046.JPG

大自然ですね。

===

11月24日、凧揚げをしてきました。

SDIM1043.JPG
エドワードの家からすぐ近くに住むご一家です。数年前に父を亡くし、シングルマザーの一家です。

SDIM1045.JPG
写真の中の2人はスナノミ症に苦しんでいます。

SDIM1054.JPG
川の近くで一人暮らしをする62歳の方です。
川の近くに住んでいることもあり、水を運んで生計を立てています。しかし、彼はスナノミ症が悪化し、全身に痛みがあるため、「このままこの仕事を続けることは難しい」と言っています。



前回のブログで衝撃的だったと感想をいただいた、スナノミ症にかかった子どもの足です。

SDIM1032.JPG

この子は4人の友人と遊んでいました。
エドワードが「どの学校?」と聞くと、他の子どもたちは「エスンバ」と答えましたが、この子だけは口ごもっていました。

学校に通っていないのです。

両親をエイズSで亡くし、おじいさんと暮らしているそうです。
学費を払うことができず、学校に通えないのです。

「ケニア政府の援助を受けられない孤児は、エスンバにたくさんいる。」

エドワードが熱く語ってくれました。

SDIM1048.JPG

SDIM1052.JPG

SDIM1053.JPG

SDIM1056.JPG

エスンバでは、裸足で遊んでいる子どもがほとんどです。

SDIM1058.JPG

家の中には、スナノミが潜んでいます...。

しらいし
posted by resultsjp at 20:06| Comment(3) | 情報
この記事へのコメント
少年の足が全てを物語ってますね。
どんどん発信を!
Posted by せつこ at 2016年11月25日 21:29
胸が痛くなります… 共有ありがとうございます。
Posted by SUN at 2016年11月25日 22:39
何度見ても衝撃的な足です
Posted by ナイチンゲール at 2016年11月26日 00:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]