2016年11月30日

[ニュース]患者を生きる(HIV)

感染症は日本リザルツが力を入れる事業の1つです。
本日付(11月30日付)の朝日新聞朝刊にHIV陽性者で活動家の長谷川博史さんが取り上げられていました。
GapB01-053.jpg

長谷川さんは、有名な活動家です。以前、日本リザルツの勉強会にも参加して下さり、ご自身の活動を紹介して下さいました。

そのときの様子はこちらを参照。
ピンクベアのともに生きるセミナー その1:当事者と日本のエイズコミュニティの取組み =予防から共生へ=
http://resultsjp.sblo.jp/article/88310746.html

FullSizeRender.jpg

記事では、長谷川さんの治療の様子はもちろん、HIV陽性者として各地で行っている講演などの活動についても紹介がされています。

詳しい記事はこちらで読むことができます。
[朝日新聞]HIV 3「幸福な感染者」伝えたい
http://www.asahi.com/articles/ASJCY628GJCYUBQU00K.html

朝日新聞の「シリーズ患者を生きる」では、現在、感染症が取り上げられています。
是非、ご覧ください。
http://www.asahi.com/apital/special/ikiru/

明日からは12月。インフルエンザなど感染症が流行る季節になってきました。
みなさまも、手洗いうがいをしっかりして、楽しい冬のひとときを過ごして下さいね。
(長介)
posted by resultsjp at 12:58| Comment(3) | 情報
この記事へのコメント
ご自身で発信されてて凄い方ですね!
Posted by かなた at 2016年11月30日 13:00
写真、グッときますね
Posted by 鴨長明 at 2016年11月30日 13:01
勉強になります。
Posted by SUN at 2016年11月30日 17:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]