2016年12月14日

栄養改善事業推進プラットフォーム 第2回運営委員会

本日は、栄養改善事業推進プラットフォーム第2回運営委員会に参加してまいりました。

今回は、バイオバーシティ・インターナショナル(国際植物遺伝資源研究所)唯一の日本人スタッフでいらっしゃる森元 泰行さんが、ケニアでの栄養改善プロジェクトについて発表してくださいました。
森元さんのお話しによると、ケニアには850種の食用植物が存在しており、その内約400種は果樹類、210種は葉物野菜で、葉物野菜の9割は市場に流通していないそうです。低栄養と栄養過多、両方の問題を抱えるケニアにとって、地元で穫れる食物を利用することは非常に有効です。バイオバーシティ・インターナショナルでは、地域の環境に適応した食物や食文化を踏まえた栄養改善を推進するために、活動されているそうです。

FullSizeRender.jpg

また、会議の後半では、本プラットフォームの9月発足以降の進捗として、「職場の栄養食」プロジェクト・インドネシア現地調査の報告がありました。今回の視察では、インドネシアの国家開発計画省(BAPPENAS)、保健省、労働省、日系企業や現地の工場などを訪問し、ヒアリングを行ったそうです。調査の詳細については、公式ホームページにも公表される予定です。
いよいよ、本プラットフォームで具体的な活動が展開されますが、日本リザルツも自分事としてしっかりキャッチアップしていきたいと思います。

(過去のブログ)
栄養改善事業推進プラットフォーム発足記念セミナー 〜途上国での栄養改善事業展開に向けて〜
http://resultsjp.sblo.jp/article/176974376.html

(Saho)
posted by resultsjp at 16:40| Comment(3) | 栄養問題
この記事へのコメント
バイオバーシティさん、素晴らしい取組ですね!
Posted by レタス at 2016年12月14日 16:51
いっぱい食べて、元気に過ごせる社会を
Posted by キャベツ at 2016年12月14日 18:25
日本リザルツも自分事として っていいですね
Posted by なまはげ at 2016年12月15日 08:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]