2016年12月14日

栄養改善事業推進プラットフォーム(PF)に出席

本日、第2回栄養改善事業推進プラットフォームの運営委員会に出席しました。

まず、新規会員加入希望団体から活動内容のプレゼンがありました。国際的な植物遺伝資源研究機関(1974年設立、世界に15拠点)で、唯一の日本人研究員、森元氏(ケニアで地域農産物の多様性を利用した栄養改善活動ーWhole of Diet)から説明を受けました。

特記事項として2点。

@途上国でも"低栄養と栄養過多"が共存している。肥満も多い、因みに本日の議事の一つ、当PFのインドネシア現地調査でも、同様の現象が報告されている。

A作物資源の低利用・未利用ー資源が乏しいとの概念は誤解、地産地消は原則可能利用・活用されていないだけ。

もちろん厳密な飢餓地域はあるが、途上国を一律に見てはいけない、それぞれの特性を見極めないと(負の)副作用になり兼ねない、と教えられた気がしました。

局チョウ


posted by resultsjp at 20:13| Comment(4) | 栄養問題
この記事へのコメント
局チョウっていう署名が粋です
Posted by キャベツ at 2016年12月14日 21:05
Whole of Dietアプローチですね!
Posted by レタス at 2016年12月14日 23:15
途上国を一律に見てはいけない

グッときました。
Posted by イナバウワー at 2016年12月15日 08:42
コメント上げていただきありがとうございます。偶然記事を見つけました。森元
Posted by Yasuyuki Morimoto at 2017年01月16日 22:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]