2016年12月22日

[速報]ナイロビ視察

本日は、参議院議員秋野公造先生と在ケニア日本大使館の小林一等書記官、日本リザルツ代表白須、長坂、大崎でナイロビ市内の様々な施設を訪問しました。写真盛りだくさんでその様子をお届けします。

IMG_3776.JPG
まずは保健省にて、在ケニア日本大使館の植澤利次特命全権大使と共に、クレオパ・マイル保健大臣と面会。

IMG_3785.JPG
TICAD VIで採択されたナイロビ宣言を守るためにも、日本の技術支援等を通じて協働し、ケニアの感染症問題に立ち向かっていくことの重要性について話し合われました。

IMG_3792.JPG
その後は日本リザルツが実施している結核アドボカシー事業を見学するため、カンゲミ・スラムに移動。

IMG_3800.JPG
左から小林書記官、秋野先生、STOP TB Partnership Kenyaのエヴリン、KANCOのピーター。
集まったコミュニティ・ヘルス・ボランティア(CHV)の方々と活発な意見交換が行われました。

IMG_3803.JPG
やはり全員で WE♡JAPAN のTシャツを着て集まると圧巻です。

IMG_3818.JPG
日本政府を代表して、秋野先生と小林書記官から普段の保健活動で使用するゴム長靴をCHVの方々に渡していただきました。

IMG_3810.JPG
結核クリニックではちょうど診療中の結核患者さんともお話ししました。

IMG_3822.JPG
クリニックを後にし、数名のCHVにそれぞれが担当している世帯の結核患者のお家を案内していただきました。

IMG_3824.JPG
こちらの女性の場合、咳はありませんでしたが寝汗がひどく、結核発症が判明したそうです。

IMG_3833.JPG
この方は以前私も訪問した結核患者さんです。自己判断で投薬をやめたせいで結核が再発し、一か月前は寝たきりの状態でした。しかしCHVの働きかけで治療を再開することが出来、今日は見違えるように元気になっていました。
ただし、油断は禁物。秋野先生も「体調が良くなっても絶対に完治までは薬を飲み続けるように」と何度もお話しされていました。

IMG_3841.JPG
いたるところで多くの子どもたちに囲まれ、すっかり人気者です。

IMG_3846.JPG
その後はJICAケニア事務所に移動し、佐野所長にお会いしました。昨日のエスンバ訪問に関する情報共有を行い、スナノミ症をなくしていくために日本に出来ることは何か、今後の展望について話し合いました。

IMG_3860.JPG
昼食をはさんで、午後からは長崎大学によるNUITM-KEMRI(Nagasaki University Institute of Tropical Medicine- Kenya Medical Research Institute Project)プロジェクトの視察です。
長崎大学はケニア中央医学研究所(KEMRI)の敷地の一角に事務所を構え、寄生虫感染症、マラリア、コレラなどの下痢症、蚊媒介性ウイルス性出血熱などの研究を行っています。

IMG_3873.JPG
主人公の医師が働く研究所として、映画「風に立つライオン」の舞台にもなりました。

IMG_3918.JPG
熱帯医学研究所ケニアプロジェクト拠点長の一瀬教授にケニアで行っている活動についてご説明いただいた後は、施設内の様々な研究室を案内していただきました。

IMG_3911.JPG

IMG_3335.JPG
見学の途中で、スナノミの死骸を顕微鏡で見させてもらうことが出来ました。たくさんの卵がはっきりと確認できます。。。

IMG_3945.JPG
最後に職員の方々と一緒に記念撮影。

今日はケニア保健省、在ケニア日本大使館、JICA、感染症研究機関と各分野のまさに第一線で活躍されている方々からお話を聞くことができ、非常に中身の濃い一日となりました。

本日お会いしてくださった皆さま、本当にありがとうございました!
猟犬


佐野所長のtwitter はコチラ
https://mobile.twitter.com/Sano_JICA_Kenya/status/811925899817824256
posted by resultsjp at 01:13| Comment(3) | 情報
この記事へのコメント
充実した一日になりましたね
Posted by せつこ at 2016年12月22日 06:45
スナノミの実態がついに…。恐ろしいです。
Posted by SUN at 2016年12月22日 09:01
卵がついているのはイチジクか何かですか
Posted by ハゲタカ at 2016年12月22日 09:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]