2017年04月02日

風花

昨日は、日本リザルツの釜石事務所に用事があり、何時間かをそこで過ごしたのですが、4月といってもこちらはまだ寒くて、風花が舞っていました。
最初は埃がキラキラして見えるのかと思いましたが、風花だと気づいて外に出てみたら、肩にひとひら、手のひらにひとひら、コットンのようにふんわりした雪が触れました。
触れると3秒もしないうちに消えてしまいます。
これを風花と呼ぶ日本人の洗練された感性と繊細さに改めて感銘し、日本に生まれてよかったと実感します。

以前、「水ぬるむ」という季語が好きだと書いたことがありますが、釜石は、梅が満開で、時折風花が舞い、水ぬるむ…春はもうすぐ、というところです。(鈴木)
posted by resultsjp at 17:16| Comment(1) | 岩手の今
この記事へのコメント
春の訪れを感じますね
Posted by まないた at 2017年04月03日 08:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]